料理道具専門店 フライパン倶楽部

since 1970 FR CAMPANY
Instagram ご相談窓口
ホーム 会社案内 ご利用手引き 取扱ブランド カートを見る

料理道具専門店 フライパン倶楽部

MENU
0120-08-8271 10:00〜18:00 水・日・祝日定休 お問い合わせ 利用手引 取扱ブランド Instagram カートを見る
ご相談窓口 info@furaipan.com 10:00-18:30 水・日・祝日定休
ユーザーの声
→投稿する
朝のスタッフ会議
月間ベスト30
フライパン
フライパン
炒め鍋・中華鍋
たまご焼き器
天ぷら鍋
おなべ
包丁・まな板
ボウル・バット
ケトル
キッチン小物
キッチンツール
便利小物
計量道具
バーミックス
卓上用品
箸・カトラリー
ポット・急須
調味料入れ
トレー・クロスマット
グラス・マグカップ
食器
木製品
保存容器・弁当箱
保存容器
弁当箱
布製品
タオル・布巾
エプロン
トートバッグ・ポーチ
リネンアイテム
掃除道具
たわし・スポンジ・ブラシ
布巾・食器拭き
シンクまわり掃除用品
ゴミ箱・ランドリー・インテリア家具
入荷&欠品情報
セール品
おすすめギフト
オリジナル企画
個人情報取扱
特定商取引法表示
今月のウィンドウ&7%off お弁当箱いろいろと

今週のおすすめ→一覧へ

エピキュリアン・カッティングボード  エピキュリアン・カッティングボード 天然木の繊維を合成させて作ったまな板。 薄型で場所を取りません。 キズもつきにくく、乾きが早く衛生的。 食洗機にも使えます。デザインもスマート!

新着商品→一覧へ

フライパン倶楽部オリジナル・FRパイルクロス FRパイルクロス 人気の布巾・パイルクロスをフライパン倶楽部バージョンでお作りしました! 色糸で縁取りをして、使う場所の目印に。デザインのアクセントにも。(3カラー)

今月のキャンペーン1・中村銅器製作所・銅製たまご焼き器

今月のキャンペーン・中村銅器製作所・銅製たまご焼き器 お弁当を美味しく作ろう!「銅製たまご焼き」お買上げで「パイルクロス」プレゼント!

今月のキャンペーン2・木曽さわらの飯台

職人の手仕事を台所に、、、山一の木曽さわらの「飯台」。ご飯が艶々美味しくなる!特典付

ひとり暮らしの道具セット

新生活に向けて!道具選びに迷った方はぜひ。こだわりの道具をセレクトしたお得なセット商品です。

白い食器pro

白い食器pro プロ仕様で丈夫でシンプルな器シリーズ。今なら人気の4アイテムが7%off!(2020.4.24まで)

注目ブランド・コンテ(一菱金属)

注目ブランド・コンテ(一菱金属) 使いやすさ、デザインの美しさ、丁寧な仕上げ。メイドイン燕の使ってワクワクする道具。

おすすめ商品:角田清兵衛商店の汁椀

創業およそ190年・角田清兵衛商店の汁椀。ナノコートを施し丈夫で汚れが付きにくい。(食洗機対応)

美味しさの科学(オリジナル企画)

美味しさの科学(オリジナル企画) 料理の「理」を知ると、フライパン・鍋を使いこなせて、お料理がもっと美味しくなる!

フライパン倶楽部オリジナル商品

フライパン倶楽部オリジナル商品 コンセプトは「安心快適、かわいい」。高田耕造商店さんらと一緒に考えました。

極スタンダードセット2020

極スタンダードセット2020 鉄をはじめてお使いになる方へおすすめのセット。使い始めの「油返し」からお手入れまでを網羅!

モニターご意見(DJスタイル)

モニターご意見(DJスタイル) フライパン倶楽部おすすめの道具をレポート形式でご意見いただいています。道具選びのご参考に!

今月の人気商品→一覧へ

1 極japan鉄フライパン
錆びにくい鉄製。お手入れも簡単!はじめてお使いの方におすすめの「極スタンダードセット2020」も新登場。made in JAPAN
2 日本製カラータオル 超ロングセラー。シンプルで丈夫。発色美しく、色落ち少なく、リーズナブル。made in JAPAN
3 パイルレンジクロス ロングセラーでリピート多数の台ふきん。丈夫で、乾きが早く、拭きやすいサイズ感と生地の厚み。 和歌山県で丁寧に作られています。
4 角田清兵衛商店の汁椀 老舗漆器問屋の食洗機対応の汁椀。 汚れにくく、丈夫です。デザインもスマートです。
5 イワキ耐熱ガラス保存容器 フタをしたままレンジで使えます。中身が見えて冷蔵庫の整理整頓に便利です。サイズも豊富!

実店舗のご案内→会社案内へ

極・鉄フライパン
フライパン倶楽部に掲載の商品がご覧いただけます。
料理道具専門店 TAKATSU
〒440-0881 愛知県豊橋市広小路3丁目54-1
営業時間10:00〜18:30(定休日:水曜日)

商人日記→一覧へ

豊橋市民センター主催の「稼ぐまちが地方を変える」セミナーに参加しました。 講師の木下斉(ひとし)さんは、内閣官房地方活性化伝道師の肩書をお持ちでした。 官民一体となったご自身の取り組みをご紹介下さり、公共資産で民間が稼ぐことを推奨していました。 なお、稼ぐとは、私腹を肥やすためではなく、明日への投資を想定しています。 その点では、公共資産が活用されず眠っていることもあるのですが、 安売りされている実態があるかもしれません。 公共の名のもとでは、日本人の意識としては、受益者は無料が当たり前のような感覚があります。 ・・・すべてを読む(2020年3月23日)