料理道具専門店 フライパン倶楽部

since 1970 FR CAMPANY
Facebook Instagram ご相談窓口
ホーム 会社案内 ご利用手引き 取扱ブランド カートを見る

料理道具専門店 フライパン倶楽部

MENU
0120-08-8271 10:00〜18:00 水・日・祝日定休 お問い合わせ Facebook Instagram 利用手引 カートを見る
ご相談窓口 info@furaipan.com 10:00-18:30 水・日・祝日定休
ユーザーの声
→投稿する
朝のスタッフ会議
月間ベスト30
フライパン
フライパン
炒め鍋・中華鍋
たまご焼き器
天ぷら鍋
おなべ
包丁・まな板
ボウル・バット
ケトル
キッチン小物
キッチンツール
便利小物
計量道具
バーミックス
卓上用品
箸・カトラリー
ポット・急須
調味料入れ
トレー・クロスマット
グラス・マグカップ
食器
木製品
保存容器・弁当箱
保存容器
弁当箱
布製品
タオル・布巾
エプロン
トートバッグ・ポーチ
リネンアイテム
掃除道具
たわし・スポンジ・ブラシ
布巾・食器拭き
シンクまわり掃除用品
ゴミ箱・ランドリー・インテリア家具
入荷&欠品情報
セール品
おすすめギフト
オリジナル企画
個人情報取扱
特定商取引法表示

KING無水鍋

日本で初めて作られた無水調理器。半世紀以上愛され続け、代々受継がれるお鍋。料理を美味しく仕上げ、軽くて扱いがよく、幅広い調理に使えます。 飾らない美しさは永遠のロングセラー。IH対応になってリニューアル!【グッドデザイン賞受賞】 「朝のスタッフ会議」でも紹介しています。→カートへ行く
    【無水鍋のいいところ】
  1. 軽くて丈夫です
    鉄や銅、ステンレスの約1/3の重さで女性でも扱いやすく、毎日使うお鍋として最適です。
  2. 美味しく仕上がしります
    6.5mmもの厚みのある鋳物アルミ素材。じっくりムラなく均一に素材に熱がまわるので料理が美味しく仕上がります。
  3. 食事作りがスピーディに
    鉄の約3倍、ステンレスの約14倍の熱伝導率。 時短で火が通るので毎日の調理もスピードアップ。余熱を活かせば、省エネにもつながります。
  4. 無水調理で素材の旨味を引き出します
    優れた機密性でウォーター効果を発揮し、素材の水分や油分だけで栄養を逃さず調理します。 栄養を逃さないので、旨味を閉じ込めてヘルシーなお料理に仕上がります。
  5. オールマイティな料理に対応します
    一台で何役もこなします。炊く、蒸す、煮る、ゆでる、焼く、炒める、揚げる、天火。オーブンでも使えます。
  6. IHに対応します
    ガス火はもちろん、IHにも対応します。
  7. made in HIROSHIMA:世界を駆ける技術が光ります
    無水鍋の製造ラインは、日本有数の自動車メーカーのパーツを手掛ける広島アルミ工業株式会社の工場の中にあり、 熟練の職人が一つひとつを大切に造っています。 カーパーツと同じ世界トップレベルの設備と技術で無水鍋は作られています。
  8. 日本製

【愛用スタッフより】

ずっと憧れていてた無水鍋20cmを使い始めて半年が過ぎました。 毎日使っています。いいところは、、、

  1. 「軽くて扱いやすい」
  2. 「料理が美味しく仕上がる」
  3. 「凹凸がなく洗いやすい」
  4. 「フタがフライパンとして使えたり、オーブン料理ができたり幅広く使える」

厚みのある鋳物アルミ製で、熱がムラなく伝わりお料理がまろやかで美味しく仕上がります。名前の通り無水料理も大得意。素材そのものの旨味をぎゅっと閉じ込めるシンプルな料理はヘルシーで美味!ご飯を炊いたり、煮込み、煮物、オーブン料理ももってこいなので、一台でアレコレ使えます。お鍋の作りが丁寧なのも見逃せません。フタと本体の密着具合、日本の誇り高き技術を感じます。よく使うのでコンロにそのままですが、美しいデザインなのでキッチンで目に入ると心地よいのもうれしい点。軽くて使い勝手がいいのでアウトドアでも大活躍!

ただし、使い方にはちょっとしたコツが必要です。 熱伝導のよいアルミ製なので、持ち手がとても熱くなります。 ミトンは必須!無水鍋のために探した「かやの鍋つかみ」を2個使い(下画像↓)しています。フタを開ける時は少しずらしてから取るといいと思います。 はじめはフタの扱い方に少々戸惑いましたが、ミトンのおかげで解消されました。持ち手の扱いは心得ておいてくださいね。


それから、もう1点は、知っておいてほしいこと。アルミは食材の成分によって鍋の黒ずみが生じます。先日、うっかりこんにゃくを茹でたら内面が黒くなってしまいました。こんな時はクエン酸やレモンの輪切りを入れて沸かせば復活します。それでも気になる場合はクレンザーで。最後に米のとぎ汁で膜を作れば完了。ゆで卵も同様です。昔はアルミ鍋が主流だったので、これらのことは当たり前だったようですが、アルミ鍋が見直される昨今、はじめて使う方が増えてきましたので、道具の特性を頭に入れて、より快適にお使いいただけるとうれしいです。付属の取扱説明書は丁寧ですので、安心してお使いいただけます^^