左メニュー

ご相談窓口 info@furaipan.com 10:00-18:30 水・日・祝日定休
ユーザーの声
→投稿する
朝のスタッフ会議
月間ベスト30
オリジナル企画

カテゴリー

フライパン
おなべ
包丁・まな板
ボウル・バット
ケトル
キッチン小物
調理家電
卓上用品
食器
木製品
保存容器・弁当箱
布製品
掃除道具
食品
入荷&欠品情報
セール品
おすすめギフト
ブランド一覧
個人情報取扱
特定商取引法表示
TAKATSU furaipan.com
朝のスタッフ会議
2013年8月20日

鉄製フライパンのお手入れ

基本は、亀の子タワシを使って、洗い流していただきます。 スポンジに比べると、亀の子タワシは力も入りやすく、付着物を落としやすいです。 なお、べっとりと油が付着している場合は、キッチンペーパー等で油を事前に拭き取ってから洗い流して下さい。 洗い流す時には、お湯の方が油汚れは落としやすいです。 できれば、調理後早い段階にお手入れいただくと良いでしょう。 油汚れは、冷えて時間が経過すると固まり、汚れが落としづらくなります。 かるかやたわしササラ等も、 手を汚すことなくお手入れできます。どちらも水をよく切って収納下さい。 かるかやたわしは、力を入れやすく頑固な付着物は落としやすいです。 小サイズは、収納場所もとらず気軽にご利用いただけます。


亀の子タワシの細長いロングのものは、手を汚しません。


かるかやたわしの大サイズは深めの炒め鍋には重宝です。 小サイズは、収納に都合が良く、たまご焼きにもお役立ていただけます。

頑固に焦げ付いた時には、フライパンに一旦水を張って煮立てて、 焦げを柔らかくするのが基本とはなりますが、 ナイロンタワシ等の研磨力のあるもので磨いて落とすことも可能です。 その時、研磨剤を含むクレンザーで磨いていただくとさらに落としやすくなるでしょう。 ただ、ナイロンタワシで磨くと、馴染んだ油膜まで除去してしまいますので 焦げ付いた時のみに限定いただくとより快適にご利用いただけます。 鉄製フライパンでの洗剤の使用も、同じく馴染んだ油膜まで除去してしまいますので、 必要を感じた時のみに限定いただくとより良いでしょう。 コンロに接触するフライパンの外側は、油焼けして頑固に焦げ付くこともありますが、 こちらは内面とは違い、日常的にも洗剤やナイロンタワシをご利用いただいても結構です。


竹製ササラは、深めで大きめのお鍋には重宝です。

ナイロンタワシはスポンジ付が握りやすく収納もしやすいです。 シートタイプは切ってご利用いただきます。

汚れをとった後は、一旦コンロで火にかけるなどして水気を除去いただき、 最後にフライパン表面に食用油を薄く塗布していただきます。 錆び止め対策でもあり、油の馴染みも良くなります。 なお、極JAPANシリーズは、錆びる心配はありませんので、その点で食用油の塗布は必要ありません。 ただ、水気はよく拭き取っていただくと良いです。さらに、フライパンのお手入れに関する詳細は こちらの「油汚れの対策」もご参考下さい。 以下の写真は、メーカーもお墨付きのお手本です。 こちらのユーザーのフライパンは15年経過していますが、 このような状態を維持しています。こちらを目指して、しっかりと丁寧にお手入れ下さい。



リバーライトのザ・オムレツとマイティパンを15年間使用されて今日も現役です。丁寧にお手入れいただくと、このような表情をみせてくれます。

お料理上手は幸せ上手
運営管理 エフアールカンパニー株式会社
〒440-0881 愛知県豊橋市広小路3丁目54番地1 TEL 0532-55-8278
電話受付時間 10:00〜18:00(水・日・祝日定休)

Copyright 1998-2016 ©Faith&Responsibility Company All rights reserved.