料理道具専門店 フライパン倶楽部

since 1970 FR CAMPANY
Instagram ご相談窓口
ホーム 会社案内 ご利用手引き 取扱ブランド カートを見る

料理道具専門店 フライパン倶楽部

MENU
0532-55-8278 10:00〜18:00 水・日・祝日定休 お問い合わせ Instagram 利用手引 ブランド カートを見る
ご相談窓口 info@furaipan.com 10:00-18:30 水・日・祝日定休
ユーザーの声
→投稿する
朝のスタッフ会議
月間ベスト30
フライパン
フライパン
炒め鍋・中華鍋
たまご焼き器
天ぷら鍋
おなべ
ごはん鍋
ステンレス鍋
ホーロー鍋
アルミ鍋
いろいろ鍋
圧力鍋
IH(電磁調理器)対応一覧
包丁・まな板
ボウル・バット
ケトル
キッチン小物
キッチンツール
便利小物
計量道具
調理家電
卓上用品
箸・カトラリー
ポット・急須
調味料入れ
トレー・クロスマット
グラス・マグカップ
食器
木製品
保存容器・弁当箱
保存容器
弁当箱
布製品
タオル・布巾
エプロン
トートバッグ・ポーチ
リネンアイテム
掃除道具
たわし・スポンジ・ブラシ
布巾・食器拭き
シンクまわり掃除用品
ゴミ箱・ランドリー・インテリア家具
食品
入荷&欠品情報
セール品
おすすめギフト
オリジナル企画
個人情報取扱
特定商取引法表示

朝のスタッフ会議

2013年3月5日

一人暮らしのご飯鍋

一人暮らしの道具をこちらのページでご提案しましたが、 その時は、電気炊飯器でご飯を炊くことを前提としました。 しかし、当店としては、お鍋で炊飯することをおすすめしたい気持ちが強くありました。 それは、お鍋で炊飯することを通じて、お料理の基本が身に付くからです。 只今「加熱講座」をご紹介していますが、お料理の基本は加熱にあります。 この加熱を理解できれば、お料理が美味しく楽しくなります。 その時、歴史をひもとくと、日本人が最初に加熱したものは何であったのか。 それが、お米でした。日本人はお米を収穫して、そのお米を加熱してきた。 すなわち、ご飯を炊くことを通じて、加熱を学んできたのです。 そして、それを他の食材にも応用する。 私たちの祖先は、ご飯を炊くことから、お料理を習得してきたのだと思います。

ところが、この時代、電気炊飯器の登場によって、状況が変わってしまったようです。 この加熱の基本を身に付けないまま、自己の感性のみでお料理にのぞんでしまっている。 便利なものが溢れるているために、何もしなくても、何も考えなくても、美味しいものができると誤解してしまいやすい。 お料理においては、まさに五感停止、思考停止。 その結果、感謝も慎みも希薄で、お料理が退廃していくようです。 お料理は、加熱を通じて、五感を駆使して、頭を働かせ、そして心を込めて作り上げるものだと思います。 その点では、便利なこの時代は、人間までが退廃していくようにも感じます。 そこで、まず、ご飯をお鍋で炊くことによって、お料理の基本である加熱を学んでみる。 それをきっかとけして、お料理が広がって行きます。 味噌汁、たまご焼き、焼き魚・・・と新たなものに挑戦する意欲も湧くてくるのでしょう。 どれも、基本は加熱にあります。

その時、お鍋で炊飯することは、決して難しいものでありません。 お米を前にして他に食べるものがなく、ご飯を炊かなければならない状況があれば、 必然と出来てしまうもののように思います。 人間の本能にも直結している。 人間には、何のために五感や頭脳、そして心が与えられているのか。 それは、お料理をするためではないでしょうか。 ですから、お料理をすることで、生きている実感や充実感、喜びや幸せを感じられる。 人間が人間となれるとも言えるでしょう。 その意味では、どんな人でも、意欲さえあれば、お料理はできるようになっていると思います。 お料理することは、生きることそのものであり、恵みに溢れているものとも言えます。 もちろん、その過程で失敗もあるかもしれませんが、あきらめずに再度挑んで行けば、やがて美味しさに至ります。 それは、必然です。最終的には、意欲の問題だと思います。

その時には、やはり道具を選びます。 基本的には、しっかりと熱を溜めこむ厚手のお鍋が相応しいです。 そうなると、必然と重くなってしまうのですが、重宝な素材があります。 それが、アルミ鋳物です。 この素材は、厚みがあっても、軽いという特徴があり、やはり調理道具には相応しい。 まず、フライパン倶楽部としては、アルミの文化鍋をおすすめします。 美味しく炊けると評判が良く、軽くて扱いやすい。 そして、吹きこぼれの対策として、蓋が中に入り込むようになっています。その点でも便利です。 今回一人暮らしを想定しますと、1〜2合までを炊くことが多いことでしょう。その点でサイズは、16cmのものがおすすめです。なお、IH(電磁調理器)には対応していません。 IH(電磁調理器)の方は、ライスポット2合をおすすめいたします。

炊飯したら、基本的には食べきっていただきます。 たとえ、電気炊飯器でも、少しだけ残したご飯を保温することは、不味くなってしまいます。 なお、電子レンジがあれば、余ったご飯は、お茶碗1杯づつに分けて冷凍保存しておくと良いでしょう。 その時に、ラップに包んだり、パイレックスのパックぼうる400ml(1人分ごはん用)等が あると便利です。急にご飯が必要な時は、この冷凍ご飯を電子レンジで解凍していただけます。 チャーハン等には、このご飯が好都合です。 補足して、炊き終わったら、ベストはおひつに移し替えることです。 おひつ素材の木が、ほどよく水分を吸収してくれるので、より美味しく感じられます。 移し替えることにより、余分な蒸気を逃すこともできます。 このようにお鍋でご飯が炊けることは、お料理の基本を習得でき、 そこからお料理が広がって参ります。 便利な時代こそ、この基本を見直す時だと思います。

震災直後にご提案しました「自分で炊飯しよう」も参照下さい。