左メニュー

料理道具専門店 フライパン倶楽部 Since1998 Faith&Responsibility Company

ホーム 会社案内 ご利用手引き カートを見る Instagram

ご相談窓口 info@furaipan.com 10:00-18:30 水・日・祝日定休
ユーザーの声
→投稿する
朝のスタッフ会議
月間ベスト30
オリジナル企画

カテゴリー

フライパン
おなべ
包丁・まな板
ボウル・バット
ケトル
キッチン小物
調理家電
卓上用品
食器
木製品
保存容器・弁当箱
布製品
掃除道具
食品
入荷&欠品情報
セール品
おすすめギフト
ブランド一覧
個人情報取扱
特定商取引法表示
TAKATSU furaipan.com

グリーンパンのご意見


まるさん(広島県福山市) 2016/6/14

前回、グリーンパンケンブリッジ20cmを 購入しました。お弁当用に手軽に使えそうだと思って購入しましたが、 本当に手軽で扱いやすいです。火加減も中火以下でやると焦げ付かずとても快適で、洗うのも楽です。 楽なので、通常に使える大きめのサイズを購入しようと思いました。 極鉄フライパンを 普段は使っているのですが、 ソースを煮詰めるときに鉄のにおいが気になったり、ごぼうやれんこんが黒くなるので、 コーティングのフライパンと使い分けていこうかなと思います。

スタッフより:鉄のフライパンには上記のような点がありますね。 それにご自身で気づかれて、使い分けていただくことにこそ、美味しさは待っていると思います。 グリーンパンも火加減に気を配っていただいているので、快適なのでしょう。 新しい仲間が加わり、さらに用途に合わせて上手にお役立て下さい。

以下より、旧仕様のkyotoシリーズのお声となります。

M.Nさん(神奈川県川崎市) 2014/11/15

前回はグリーンパンのフライパン20cmGEO片手鍋14cmを 購入しました。 以前にデイリーフライパンを上手く扱えずにくっつきが激しく不安でしたが、 グリーンパンではより注意して使用していたのもあるのかこびり付くこともなく、 朝のお弁当作りがスムーズに進み助かっています。 適度に重さがあるため、20cmのフライパンでも安定感がありぐらつくこともありません。

GEO片手鍋は、少量の野菜を茹でるのに無水調理でお湯を沸かす時間を短縮できて、 こちらも朝の忙しい中重宝しています。 手持ちの16cmの十得鍋でも無水調理はできますが、少量の茹で物調理することが多い私には14cmで 取っ手を付け外しせずに使用できるこちらの鍋の方が用途に合っているようです。 (16cmの十得鍋はスープや揚げ物によく使用しています。)

そして今回は今、麺類を茹でる際や炒め物に使っている鍋の後継品として、 サイズ・種類等で色々と悩みましたが 極炒め鍋30cm中尾アルミ打出料理鍋27cmを注文することにしました。

極炒め鍋が30cmというのは、小さい子供1人含む3人家族の我が家では大きすぎかと思いましたが、 前の鍋も30cmの深めのフライパンで丁度だったため、いつも焼きそば等では野菜多めで作っているので 大は小を兼ねる!とこちらのサイズに決めました。

打出調理鍋はセールのニューキングと迷いましたが、麺類を茹でるのがメインなので吹きこぼれしにくく対流しやすい構造なのでこちらを選びました。また、そのうちにセイロで蒸し物もしたいと考えているので、安定してセイロを載せるのに適しているかなあと、そんなことも選んだ理由の一つになりました。

少しずつ調理道具が入れ替わり、使い勝手が良く変わっていくのはとても嬉しいです。 料理の腕はまだまだですが、道具たちを活かして楽しく料理していけたらいいと思っています。

スタッフより:道具に真摯に向き合い、「なぜだろう?」と ご自分で悩んだり反省いただきながら、ご自分に相応しい道具に 少しづつ近づいているように感じました。成長と呼んでも良いのでしょうか。 その結果かもしれませんが、炒め鍋や料理鍋での選択は、 しっかりとご自分の頭で考えていただけています。 そのように考えることができることが、楽しさにつながっているのだと思います。 そこには、自由があります。

まっつんさん(千葉県船橋市) 2012/10/8

グリーンパンに ついて。 フッ素樹脂は、色々と健康に問題があるということで、セラミックフライパンを購入。 初めてなので、お手頃な物を選んでみました。 使い勝手は、炒め物などは、フッ素樹脂と特に変わることなく使えます。 こっちの方が、野菜はしゃきしゃきで、仕上がりも早い気がします。 餃子を焼くときは、フッ素の時より、油を多めに引かないと、くっつきました。 日本製のセラミックフライパンが販売されたら、是非、こちらで販売してください。 また注文します。

スタッフより:フッ素樹脂は、長時間の空炊きに気を付けていただきます。 炒め物に関しては、鉄フライパンに近い仕上がりで、水分を飛ばしてよりシャキッとした 仕上がりにできると思います。 フッ素樹脂に比べてセラミックは、加工表面の熱の伝わりが良くなりますので、 美味しい焦げ目も付けやすいですが、焦げ付かせないように火加減にはお気を付け下さい。 その点では、火加減に気を配っていただく必要はありますが、 フッ素樹脂に比べて、より美味しく調理できる、こびり付きにくいフライパンと呼べるかもしれません。ただ、火加減に気を配ることこそ、美味しい調理にいたる要諦でもあります。 また、フッ素樹脂のノンスティック(こびりつきにくい)性能は、大変重宝ですが、 いずれにしても、フライパン調理に適量の油は必須とも言えます。 フッ素樹脂の熱の伝わりが悪いために、焦げ付かせることも少ないとも言えますが、 大切なのは、そのフライパンに適した用途を考慮しつつ、 食材の状態・火加減や油量などを使い手の側で上手に調整いただくことだと思います。 今回ご指摘いただいたように、そのフライパンの性質をご自分の体験でつかんでいただき、 今後も上手に使いこなして下さい。

さらさらさん(石川県金沢市) 2011/10/22

グリーンパン京都の20cmと26cmのセットを購入させていただきました。 初め26cmの方だけの購入を考えていましたが、20cmの方も購入してよかったです。 1歳3ヵ月の子供の離乳食を作るときに20cmは活躍しています。 お焼きでも全くくっつかずに焼けますので、ほんとに少量の油をひくだけでよいので、離乳食作りに便利です。 26cmの方は重さが気になっていましたが、右手を軽く添えればフライパン返しもできましたし、 大きさも大きすぎないので使い勝手は良いと思います。 熱伝導が良いので、炒め物も短時間で出来上がります。 白い外観がとてもさわやかで、吊るしておくとキッチンが明るくおしゃれになります。 どちらもこれから大事に使っていきたいと思います。

スタッフより:厚手のフライパンでもありますので、蓄熱性にも優れています。 食材を載せても、温度が下がりにくいので、炒め物などが綺麗に仕上がりやすいと思います。 それでも、表面のセラミックは、繊細ではありますので、扱いにはお気をつけ下さい。 日常のお手入れでは、汚れをよく落として下さい。 お焼きなどを焼いた時に、食材の載っていないスペースに汚れ等があると、 その汚れが焦げ付いてしまうことがあります。 セラミックは、琺瑯と同様に、安全性の高い素材ですので、離乳食にも相応しいと思います。

お料理上手は幸せ上手
運営管理 エフアールカンパニー株式会社
〒440-0881 愛知県豊橋市広小路3丁目54番地1 TEL 0532-55-8278
電話受付時間 10:00〜18:00(水・日・祝日定休)

Copyright 1998-2016 ©Faith&Responsibility Company All rights reserved.