左メニュー

料理道具専門店 フライパン倶楽部 Since1998 Faith&Responsibility Company

ホーム 会社案内 ご利用手引き カートを見る Instagram
朝のスタッフ会議
2010年6月15日・2013年2月14日改訂

厚手の雪平鍋

あるお客様から、「板厚3mmの雪平鍋がありませんか。」 当社の定番は、中尾さんの雪平鍋で、板厚が1.7〜2.0mmとなります。 この厚みですと、とにかく軽くて扱いやすい。沸き立つのも早い。 そこで、なぜ、板厚3mmなのか。なぜ、厚い方が良いのか。まず食材に熱が柔らかく入ります。 その反対は、急激に高温で熱が入るとも言えましょう。硬くなるとは言いませんが。 そのため、焦げ付いたり、表面だけで内部まで熱が届かない。むらが生じやすいのです。 熱が柔らかく入れば、食材全体に、しかも食材の内部にまで、しっかりと熱を入れることができます。 これが、美味しさにつながります。 また、厚いと蓄熱性があるので、鍋内の温度を一定に保ちやすい。 もちろん、冷めにくいので保温性があります。 そのため、特に煮物の仕上がりが良くなり、汁ものは冷めにくいのです。 こんな時は、厚手の雪平鍋が相応しいでしょう。


画像クリックで拡大されます。

そこで、同じ中尾アルミさんの厚板深型片手鍋をご紹介します。 写真は18cmとなりますが、上右写真は、板厚1.7mmの定番品(写真右手)と比べてみました。 5mm深くなりますが、形状はほぼ同じで、板厚3mmとなります。 ハンドルはやや細くなり、先端にフックがついています。 もともとは、ハンドルなしの「ヤットコ鍋」に、木柄を付けた経過より、 「打出ヤットコ雪平鍋」と呼ばれることもあります。 重くなるとは言え、あくまでアルミ素材ですから、すごく重くなる感じではありません。 かえって、安定感があって良い面もあるでしょう。 アルミは、どちらかと言えば、柔らかい素材ですので変形しやすい。 そこで、この厚手でしたら、変形しにくく丈夫となります。 ちなみに、こちらの浅型平底タイプも同じく板厚3mmです。 美味しい煮物料理に、厚板深型片手鍋はいかがでしょうか。

【追記】家庭用向けに「厚板雪平鍋」とご紹介していましたが、 付属されていますメーカーの商品仕様書には、「厚板深型片手鍋」と記載されていますので、 こちらの名前に統一、変更させていただきます。(2013年2月14日)


画像クリックで拡大されます。

注文番号 商品名 サイズ 税抜き価格
708-033 中尾アルミ
厚板深型片手鍋
15cm
内径15×深さ6.5cm
全長:約33cm
重量400g 容量1.0L
¥3,800
708-034 中尾アルミ
厚板深型片手鍋
18cm
内径18×深さ7.5cm
全長:約37.5cm
重量550g 容量1.8L
¥4,400
708-035 中尾アルミ
厚板深型片手鍋
21cm
内径21×深さ8.7cm
全長:約42cm
重量700g 容量2.7L
¥5,000




蓋はアルマイト仕上げで、木製つまみとなり、兼用使いできるようになっています。

注文番号 商品名 税抜き価格
131-121 中尾アルミ鍋蓋15cm ¥1,300
131-122 中尾アルミ鍋蓋18cm
15cmにも兼用使いできます。
¥1,400
131-123 中尾アルミ鍋蓋21cm
15cm18cmにも兼用使いできます。
¥1,650

お料理上手は幸せ上手
運営管理 エフアールカンパニー株式会社
〒440-0881 愛知県豊橋市広小路3丁目54番地1 TEL 0532-55-8278
電話受付時間 10:00〜18:00(水・日・祝日定休)

Copyright 1998-2016 ©Faith&Responsibility Company All rights reserved.