料理道具専門店 フライパン倶楽部

since 1970 FR CAMPANY
Facebook Instagram ご相談窓口
ホーム 会社案内 ご利用手引き 取扱ブランド カートを見る

料理道具専門店 フライパン倶楽部

MENU
0120-08-8271 10:00〜18:00 水・日・祝日定休 お問い合わせ Facebook Instagram 利用手引 カートを見る
ご相談窓口 0120-08-8271 info@furaipan.com 10:00-18:30 水・日・祝日定休
ユーザーの声
→投稿する
朝のスタッフ会議
月間ベスト30
フライパン
フライパン
炒め鍋・中華鍋
たまご焼き器
天ぷら鍋
おなべ
ごはん鍋
ステンレス鍋
ホーロー鍋
アルミ鍋
いろいろ鍋
圧力鍋
IH(電磁調理器)対応一覧
包丁・まな板
ボウル・バット
ケトル
キッチン小物
キッチンツール
便利小物
計量道具
調理家電
卓上用品
箸・カトラリー
ポット・急須
調味料入れ
トレー・クロスマット
グラス・マグカップ
食器
木製品
保存容器・弁当箱
保存容器
弁当箱
布製品
タオル・布巾
エプロン
トートバッグ・ポーチ
リネンアイテム
掃除道具
たわし・スポンジ・ブラシ
布巾・食器拭き
シンクまわり掃除用品
ゴミ箱・ランドリー・インテリア家具
食品
入荷&欠品情報
セール品
おすすめギフト
オリジナル企画
個人情報取扱
特定商取引法表示

精読「食道楽」春の巻

第三 酔醒(よいさ)め

「モシモシ大原さん、大層お魘(うな)されですね。どうなさいました、怖い夢を御覧になりましたか。 モーお目覚めなさいまし」と年若き妻君は年賀の客の年頃三十二、三なる男が酒に酔いて臥(ふ)したるを呼起す。 ウームと両手を展(の)ばして漸(ようや)く我に還(かえ)りたる酔余の客妻君の顔を見て面目無気(めんもくなげ)に起き直り 「どうもこれはとんだ御厄介(ごやっかい)をかけましたね。御酒(ごしゅ)を戴いてあんまり好(い)い心持(こころもち)になって ツイうとうとと睡(ね)てしまったと見えます。僕は御酒を飲むと何処(どこ)でも構わず寝るのが癖で大きに失礼致しました」 と衣紋(えもん)を繕(つくろ)い袴(はかま)の皺(しわ)を伸ばし手巾(はんけち)を袂(たもと)より取出(とりいだ)して 再び三たび口を拭(ぬ)ぐう。

妻君は下女に命じて茶を一杯客に呈せしめ「お就寝(やすみ)になるのは一向構いませんが大層お魘されでしたからお苦しかろう と思ってお起(おこ)し申したのです。夢でも御覧になりましたか」 客「ハイ見ました、妙な夢を見ました。腹の中で胃と腸とが対談(はなし)をして頻(しきり)に不平を溢(こぼ)している所を見ました。 僕は学校にいた時分から校中第一の健啖家(けんたんか)と称せられて自分も大食を自慢にした位(くらい)ですから 僕の胃腸は随分骨が折れましょう。胃は極度まで拡張(かくちょう)し、腸は蠕動力(じゅどうりょく)を失っている位だと医者が申します。 学生時代に一年中脳病で苦(くる)しんで思うように勉強が出来なかったのも全く大食の結果で、 消化器を害すると必ず脳へ来るそうです。僕ばかりでありません、今の学生がよく脳病だ脳病だというのは大概胃病の結果で その胃病は野蛮的の暴飲暴食から来るのです。

僕はそれがために此方(こちら)の小山君と同時に大学へ入りながら三度も試験に落第して同級生には残らず追越されてしまい、 去年の夏辛うじてわずかに卒業し得た位です。それも今から考えてみると全く教師のお情けでしょう、 試験の得点は落第点と殆(ほとん)ど間髪を容いれず卒業者中最後の末位でした、アハハ。 しかし持ったが病(やまい)でまだ大食は廃(やめ)られません。 悪いと知りつつどうしても自ら制する事が出来ません。 今朝なんぞは雑煮餅の大きいのを十八片(きれ)食べました」 妻君「オホホ、貴君(あなた)が物を召上るのはホントにお美事(みごと)です。 何を拵(こしら)えても貴君に食べて戴くと張合(はりあい)があります。 そのつもりで今珍らしい御馳走を拵えておりますからどうぞ沢山召上って下さい」

客「イヤ、モー控えましょう。そんなに戴くと胃吉や腸蔵がどんなに怒るか知れません、 だがしかし大層好い匂いがしますな、非常に香(こう)ばしくってさも美味(おいし)そうな匂いが」 と頻(しきり)に鼻を蠢(うごめ)かす。妻君笑いながら「貴君が今まで召上った事のないという御馳走です、 好い匂いでしょう、あれは南京豆です、只今(ただいま)南京豆のお汁粉というものを差上ます」 客「ヘイ南京豆のお汁粉とは珍らしい、どうして拵えるのです」 妻君「なかなか手数はかかりますけれども手数をかけただけの御馳走になります。 失礼ながら台所へ来て御覧なさい。貴君も今に奥さんをお持ちなさるとこんな事を覚えておおきなさる方がお徳です」 客「いかにも後学(こうがく)のためだ、一つ拝見致しましょう」

妻君「拝見ばかりではいけません、少し手伝って下さい」 客「ハイハイお手伝を致しましょう」と仲好よき友達の家と見えて遠慮もなく台所へ立って行く。

コメント:
ここで、ようやく今までの胃腸のやり取りが、夢であったことが分かります。 健啖家(けんたんか)とは、好き嫌いなく何でもよく食べる人を指していますが、どうやら過ぎてしまっている。 この人が、三十前半の独身者の大原であり、名前は大きな腹と掛けているようです。 友人の小山の家で夢にうなされていたので、小山の妻君が呼び起こす。 酔いが醒めた大原は、夢と自分の過去を話し始めます。 学生時代に1年間脳病を患いますが、それは大食からもたらされたものだと。 「消化器を害すると必ず脳へ来る」暴飲暴食を戒めています。 それでも、美味しいものを前にすると、自制することができない。 妻君は、賢く大原が料理を手伝うことを促します。 食べるだけではなく、作ることに目覚めることで、何かが変わるかもしれません。