料理道具専門店 フライパン倶楽部

since 1970 FR CAMPANY
Facebook Instagram ご相談窓口
ホーム 会社案内 ご利用手引き 取扱ブランド カートを見る

料理道具専門店 フライパン倶楽部

MENU
0120-08-8271 10:00〜18:00 水・日・祝日定休 お問い合わせ Facebook Instagram 利用手引 カートを見る
ご相談窓口 info@furaipan.com 10:00-18:30 水・日・祝日定休
ユーザーの声
→投稿する
朝のスタッフ会議
月間ベスト30
フライパン
フライパン
炒め鍋・中華鍋
たまご焼き器
天ぷら鍋
おなべ
包丁・まな板
ボウル・バット
ケトル
キッチン小物
キッチンツール
便利小物
計量道具
バーミックス
卓上用品
箸・カトラリー
ポット・急須
調味料入れ
トレー・クロスマット
グラス・マグカップ
食器
木製品
保存容器・弁当箱
保存容器
弁当箱
布製品
タオル・布巾
エプロン
トートバッグ・ポーチ
リネンアイテム
掃除道具
たわし・スポンジ・ブラシ
布巾・食器拭き
シンクまわり掃除用品
ゴミ箱・ランドリー・インテリア家具
入荷&欠品情報
セール品
おすすめギフト
オリジナル企画
個人情報取扱
特定商取引法表示

精読「食道楽」春の巻

第二 酒の洪水

人は気楽なもの、腹の中にてかかる恐慌(きょうこう)を起すとも知らず、 平生(へいぜい)胃吉や腸蔵を虐使(ぎゃくし)するに馴(な)れけん。 遠慮もなく会釈(えしゃく)もなく上の方よりドシドシ食物(しょくもつ)を腹の中へ詰め込み来(き)たる。 胃吉と腸蔵驚くまいことか「ソラ来たぞ何だか堅いものが。これは照(て)りゴマメだ。石のようにコチコチしている。 歯太郎さんが嚼(か)まないと見えて魚の形がそっくりしている。 こんなものをよこされては溜まらんね。オットどっこい、また来た。今度は数(かず)の子こだ。 乾固(ほしかたま)って塩の辛い奴(やつ)を碌(ろく)に塩出しもしないで拵(こしら)えるから消化(こな)そうと思っても消化れない。 腸蔵さん、ホントに泣きたくなるね」

腸蔵「元日から災難だ。オイ胃吉さん、危いゼ。上の方から黒い石が降って来た」 胃吉「なるほど降って来た。これは黒豆だよ。よく煮(に)てないから堅くって石のとおりだ。 択(より)も択ってナゼこんな悪いものばかりよこすだろう。少しは手数のかからないものをくれればいいのに。 オヤオヤまた来た。今度は柔らかい。何なんだろう、玉子焼だ。 しかし何だか少し臭いね、プーンとイヤな匂(にお)いがしたゼ。腐っているのではないか」 腸蔵「腐りもするはずだ、正月のおセチにするって十日も前に拵(こしら)えてお重(じゅう)へ詰めておいたのだもの。 せめて玉子でも新らしければ少しは持つけれども、二月(ふたつき)も前に外所(よそ)から貰った到来物(とうらいもの)の玉子だ。 それも上海玉(しゃんはいだま)の下等物(かとうもの)で、割わった時は大概卵黄(きみ)が壊れていた。

腐ったものは堅いものよりなお悪い。きっと例の虫がいるよ、よく検(あらた)めて御覧(ごらん)」 胃吉「オーいるともいるともウジャウジャいる。私はこの虫が大嫌いでね、虫を見るとぞっとして手も付けられない。 中でも虎列剌(これら)の虫や赤痢(せきり)の虫は一番イヤだ」 腸蔵「この頃はペストの虫といって大層怖い虫があるそうだね。 虫といえば去年の夏頃腸チフスの虫が水と一緒に流れ込んで来た時には驚いたよ。 あの虫は腸のチフスという位で私へばかり食(く)ってかかってあんな酷(ひど)い目に逢った事がない。 私も和郎(おまえ)さんも二十日(はつか)ばかり泣き通したっけ」 胃吉「あの時の事はまだ忘れない。モーモーこんな商売は廃(やめ)ようと思った。 虫のいる食物(たべもの)は私も手を付けるのがイヤだから、そっくり進(あ)げるよ」 腸蔵「イヤイヤよこされて溜(たま)るものか。どうぞ虫を殺しておくれ」

胃吉「暇があると殺していられるけれども、跡(あと)からドンドン遣(や)って来るもの。 ソラ来た、今度は牛蒡(ごぼう)の煮たの。煮たというのは名ばかりで、生(なま)も同様だ。 ソラ人参(にんじん)も来た。どっこい今度は焼豆腐か。 この焼豆腐も少し怪しいよ。豆腐屋が売れ残りの豆腐を焼いたと見えてやっぱり虫が交っている。 オヤ蒲鉾(かまぼこ)が遣(や)って来た。 蒲鉾というと魚の身で拵えたようだがこの蒲鉾は魚三分(ぶ)に芋(いも)七分、これも去年到来の古物(ふるもの)だね。 腸蔵さん、こんな様子ではとても今日楽(らく)をする事が出来ないゼ。 中途半端に今頃ドシドシ食物が来るようではどんな目に逢うか知れない」 腸蔵「食物だけで済めばいいけれども今に私たちの大嫌いなお酒でも飛込んで来たら百年目だ」

胃吉「お酒が来たらモー仕事なんぞするものか」と噂(うわさ)の言葉終らざるに腹中の天地忽(たちまち)震動して 上の方より押出し来る酒の洪水「ソラ来た逃げろ逃げろ」「津波だ津波だ」と胃吉も腸蔵も一目参(いちもくさん)に逃げて行く。

注釈:
○ゴマメは蛋白質五割九分、脂肪弐割一分ありて滋養多し。然(しか)れども極めて不消化物なり。
○数の子は蛋白質弐割、脂肪一分あり。これも不消化なり。
○黒豆は蛋白質四割、脂肪壱割八分、含水炭素弐割弐分あり。植物中最も滋養分に富むものなるが極めて柔やわらかく煮ざれば消化悪し。
○豆腐は大豆より製したるものにて滋養分多く、蛋白質七分六厘、脂肪三分六厘あり。最も賞用すべき安価食物なり。然れども消化は悪し。
○蒲鉾は上等品にて蛋白質弐割、脂肪七毛あり。
○焼豆腐、人参、牛蒡その他のお煮〆(にしめ)を煮るには魚類のスープを用ゆべし。

コメント:
胃腸の災難が続きます。よく噛むことはもちろん大切ですが、その手前の調理の段階が肝心であることが分かります。 数の子で、塩抜きをしない。よく煮てない硬い黒豆。そして、調理後の保存が問われます。 何日も放置した玉子焼は、見た目には良かったのかもしれません。しかし、そのまま放置しておくと腐敗します。 コレラ、赤痢、ペスト、腸チフスなどの恐ろしい細菌は、食物を通じて感染しますので、何を口に入れるかは要注意。 今日も食中毒が発生していますが、調理の段階で手を抜いてしまった結果とも言えます。 売れ残りの豆腐や古い芋を使うのも、今日的にはコスト削減でしょうか。そして、お酒の飲みすぎ。 洪水や津波を大袈裟と感じたら、今日は、お酒には非常に甘い時代となっているのかもしれません。