料理道具専門店 フライパン倶楽部

since 1970 FR CAMPANY
Facebook Instagram ご相談窓口
ホーム 会社案内 ご利用手引き 取扱ブランド カートを見る

料理道具専門店 フライパン倶楽部

MENU
0120-08-8271 10:00〜18:00 水・日・祝日定休 お問い合わせ Facebook Instagram 利用手引 カートを見る
ご相談窓口 info@furaipan.com 10:00-18:30 水・日・祝日定休
ユーザーの声
→投稿する
朝のスタッフ会議
月間ベスト30
フライパン
フライパン
炒め鍋・中華鍋
たまご焼き器
天ぷら鍋
おなべ
包丁・まな板
ボウル・バット
ケトル
キッチン小物
キッチンツール
便利小物
計量道具
バーミックス
卓上用品
箸・カトラリー
ポット・急須
調味料入れ
トレー・クロスマット
グラス・マグカップ
食器
木製品
保存容器・弁当箱
保存容器
弁当箱
布製品
タオル・布巾
エプロン
トートバッグ・ポーチ
リネンアイテム
掃除道具
たわし・スポンジ・ブラシ
布巾・食器拭き
シンクまわり掃除用品
ゴミ箱・ランドリー・インテリア家具
入荷&欠品情報
セール品
おすすめギフト
オリジナル企画
個人情報取扱
特定商取引法表示

フライパン バイブル

13章 フライパン調理の実際 炒める

炒め物は、焼き物と違って、食材を動かしながら熱を通して行きます。 まずは、野菜を炒めてみましょう。 それができれば、それに調味料を絡めるだけで回鍋肉(ホイコーロ)等の中華料理、蒸し麺を絡めて焼きそばにできます。 美味しい野菜炒めは、シャキッとした仕上がりになります。失敗すると、べたべたの仕上がりになります。 このシャキッとした野菜炒めを作るには、野菜に含まれる水分が外に出る前に、食材内部に熱を通してしまうことです。

炒め物におすすめの極JAPAN炒め鍋28cm

その時、強火を使用してはなりません。それは、ある部分を焦げ付かせてしまうからです。 焦げ付かせず、熱を通すためにはどうすればよいか。 この時、炒め鍋および中華鍋のような容量の大きいものを選ばれると良いです。 できるだけお鍋の容量は大きくて、食材の量が少なめですと、食材全体にむらなく熱が伝わりやすくなります。 その上で、予熱を通じてしっかり適温に温めておくことで、焦げ付かせず、食材内部に熱を通すことができるのです。

加えて、野菜の下処理が重要であり、熱が入りやすい状態にしておくことです。 同じものは同じ時間に仕上がるように形を切りそろえておきます。 そして、熱の入りにくいものから加熱していきます。 その順番を考慮してバットなどに具材を事前に整えておくと良いです。 観察を通じて、食材に火が通った状態を習得頂きます。 それは色味や食べた時の歯ごたえで判断いたします。これも五感を駆使しながら、美味しさを追求していくことです。

なお、本格的な炒め物は、具材を炒める前に下茹でしたり、低温の油に通す素揚げをしたりしておきます。 その結果、炒める時に、すぐに熱が通るようになります。 手間ひまはかかりますが、むらなく熱が入って、さらに美味しく綺麗に仕上がります。 そして、何よりも、出来立てが一番です。ですから、食べる直前に調理できればベストですので、調理のタイミングを考慮すると良いでしょう。 家庭料理の醍醐味は、出来立てを味わえることです。