料理道具専門店 フライパン倶楽部

since 1970 FR CAMPANY
Instagram ご相談窓口
ホーム 会社案内 ご利用手引き 取扱ブランド カートを見る

料理道具専門店 フライパン倶楽部

MENU
0120-08-8271 10:00〜18:00 水・日・祝日定休 お問い合わせ 利用手引 取扱ブランド Instagram カートを見る
ご相談窓口 info@furaipan.com 10:00-18:30 水・日・祝日定休
ユーザーの声
→投稿する
朝のスタッフ会議
月間ベスト30
フライパン
フライパン
炒め鍋・中華鍋
たまご焼き器
天ぷら鍋
おなべ
包丁・まな板
ボウル・バット
ケトル
キッチン小物
キッチンツール
便利小物
計量道具
バーミックス
卓上用品
箸・カトラリー
ポット・急須
調味料入れ
トレー・クロスマット
グラス・マグカップ
食器
木製品
保存容器・弁当箱
保存容器
弁当箱
布製品
タオル・布巾
エプロン
トートバッグ・ポーチ
リネンアイテム
掃除道具
たわし・スポンジ・ブラシ
布巾・食器拭き
シンクまわり掃除用品
ゴミ箱・ランドリー・インテリア家具
入荷&欠品情報
セール品
おすすめギフト
オリジナル企画
個人情報取扱
特定商取引法表示

朝のスタッフ会議

2011年11月19日

厚手の山田中華鍋

餃子鍋を通じて、板厚が厚いお鍋の特徴を前回ご紹介しました。 これは、餃子などの焼き物だけではなく、炒め物にも通じます。 炒め物は、食材の量が比較的多いので、鍋に投入した時、一時的に温度が下がってしまいます。 そこで、厚手のお鍋であれば、しっかりと熱を蓄えているので、食材を入れても温度が下がりにくい。 美味しくなる180度の適温を維持できるのです。 しかも、しっかり予熱をすれば、鍋全体を均一の温度に保てるので、 温度むらがなく綺麗に仕上がります。 そのため、職人が使う中華鍋を製作する山田工業所さんでも、厚手のタイプが昔からあるのです。 通常は1.2mmの厚さですが、1.6mmのものがあります。

ただ、この厚みは、リバーライトさんの極シリーズでは、通常の厚みとなります。 なお、やや重くなりますので、振って使う場合には、力が必要でしょう。 男性であれば、ほどよい重さかもしれません。 共柄30cmの場合、通常の1.2mmに比べると、1.6mmのものは300gほど重くなります。 しかし、ヘラで撹拌する使い方ではあれば、その限りではありません。 当社では、家庭で女性が使用することを想定して、軽い方が相応しいと、 こちらのページで1.2mmのものを紹介してきました。 軽快に振れるのです。 山田工業所さんのものは、軽さにメリットがあるとも言えるかもしれません。 ただ、最近では、男性が料理をすることが多くなったこともあり、 こちらの厚手タイプも場合によってはお役立ていただけるものと思いました。 加えて、IH(電磁調理器)などを扱う上でも、厚手の方が変形が少ないとも言えそうです。 そこで、今回山田さんにお願いして、1.6mmの厚さで共柄の30cmを作ってもらいました。 腕力に自信のある男性の方には、おすすめです。