料理道具専門店 フライパン倶楽部

since 1970 FR CAMPANY
Instagram ご相談窓口
ホーム 会社案内 ご利用手引き 取扱ブランド カートを見る

料理道具専門店 フライパン倶楽部

MENU
0120-08-8271 10:00〜18:00 水・日・祝日定休 お問い合わせ 利用手引 取扱ブランド Instagram カートを見る
ご相談窓口 info@furaipan.com 10:00-18:30 水・日・祝日定休
ユーザーの声
→投稿する
朝のスタッフ会議
月間ベスト30
フライパン
フライパン
炒め鍋・中華鍋
たまご焼き器
天ぷら鍋
おなべ
包丁・まな板
ボウル・バット
ケトル
キッチン小物
キッチンツール
便利小物
計量道具
バーミックス
卓上用品
箸・カトラリー
ポット・急須
調味料入れ
トレー・クロスマット
グラス・マグカップ
食器
木製品
保存容器・弁当箱
保存容器
弁当箱
布製品
タオル・布巾
エプロン
トートバッグ・ポーチ
リネンアイテム
掃除道具
たわし・スポンジ・ブラシ
布巾・食器拭き
シンクまわり掃除用品
ゴミ箱・ランドリー・インテリア家具
入荷&欠品情報
セール品
おすすめギフト
オリジナル企画
個人情報取扱
特定商取引法表示
TAKATSU furaipan.com

ぷれまTV・明日の豊橋まちなかを語る「自主独立の街」

2021年3月6日

ぷれまTV 自主独立の街 第3回 撮影を終えて

今回は、建築家の黒野有一郎さん。 アイデアが実現するお手本をご自身で示すばかりか、それをサポートすることに取り組まれていました。その点では、「アイデアを実現させる街」と言った方が相応しいのかもしれません。 当事者と言うよりも、周りにいる人たちの力添えによって、それが実現するとも思いました。 こちらより視聴できます。

アイデアはどのように湧いてくるのか。 地元の小学生たちが取り組む「お店をつくろう!〜小さなまちづくりプロジェクト〜」 このアイデアは、黒野さんが絵本作家の美術館を作る時のプレイベントで、 地元の子供たちの実状を知ったことに由来していました。 果たして、自分の故郷の子供たちは、自分の街を知っているのだろうか。 自分事として捉える感性こそ尊く思いました。

それを実現に至らせるために、地元の小学校に乗り込みます。 校長先生と交渉するのですが、先生方とは違った多様な視点で評価ができるなどの戦略も練っていました。また、会場への作品の搬入を家族にお願いするなどの苦労話を伺いました。 それを楽しみながら、責任をもってやり通すところも、アイデアを実現するための大きな要素だと感じました。

黒野さんが、まちなか衰退の理由は「公の毀損」だと言われていたのが印象的でした。 どれだけの人が街に愛着をもち、自分のものと思っているのだろうか。 その点でも、「お店をつくろう!」は子供たちに、その気持ちをはぐくむ取り組みであり、 それは主体性の発露であり、自由につながると感じました。 アイデアが実現するとは、自由であると解せるのかもしれません。