料理道具専門店 フライパン倶楽部

since 1970 FR CAMPANY
Instagram ご相談窓口
ホーム 会社案内 ご利用手引き 取扱ブランド カートを見る

料理道具専門店 フライパン倶楽部

MENU
0120-08-8271 10:00〜18:00 水・日・祝日定休 お問い合わせ 利用手引 取扱ブランド Instagram カートを見る
ご相談窓口 info@furaipan.com 10:00-18:30 水・日・祝日定休
ユーザーの声
→投稿する
朝のスタッフ会議
月間ベスト30
フライパン
フライパン
炒め鍋・中華鍋
たまご焼き器
天ぷら鍋
おなべ
包丁・まな板
ボウル・バット
ケトル
キッチン小物
キッチンツール
便利小物
計量道具
バーミックス
卓上用品
箸・カトラリー
ポット・急須
調味料入れ
トレー・クロスマット
グラス・マグカップ
食器
木製品
保存容器・弁当箱
保存容器
弁当箱
布製品
タオル・布巾
エプロン
トートバッグ・ポーチ
リネンアイテム
掃除道具
たわし・スポンジ・ブラシ
布巾・食器拭き
シンクまわり掃除用品
ゴミ箱・ランドリー・インテリア家具
入荷&欠品情報
セール品
おすすめギフト
オリジナル企画
個人情報取扱
特定商取引法表示

道具のアフターケア

2020年6月13日

新530運動 片付けを楽しむ道具

わが故郷・豊橋には、「自分のごみは、自分で持ち帰ろう」という主体性を促す 530運動という取り組みがあります。 毎年5月30日前後に学校をはじめ各種団体で、さまざまな活動が実施されています。 ただ、これは特別な日に実施することではなく、毎日のことであり、拡大した私的な解釈では、 「自分で食べたものは、自分で片付けよう」とも解せます。そんな新しい530運動を再び豊橋から推進してみたいものです。

お料理を作ることは多少の知識や経験が必要とされますが、片付けは、お子さんお父さんも含めて ご家族の誰もが手軽に取り組めます。特に、子供たちの主体性を育む絶好の機会でもあるかもしれません。 押し付けとならないように、上手に子供たちを導いてあげたいものです。 その時、片付けを楽しむ、あるいはきっかけとなるものが良い道具だと思います。 良い道具に出会えれば、片付けることが自然に習慣ともなって参ります。 そこで、その道具をご紹介いたします。

まずは、棕櫚(しゅろ)の束子です。 洗いものに使う道具としては、スポンジの方が主流となっていますが、 束子で磨くことは合理的です。それは、スポンジでは軽くなぞるだけで、汚れが意外と落としきれていません。 そこで、棕櫚の束子であれば、ブラシのごとく何本もの繊維で掻き出すことで、汚れをきちんと落せます。 しかも、比較的力を必要とせず、手軽に汚れが落とせるのです。

高田耕造商店・棕櫚束子

手にも洗浄対象の道具にも優しいので、汚れのみを落として傷つけません。 食器はもちろん、木製品にもおすすめで、ステンレスや琺瑯製品はじめ、ほぼどのような台所道具にもご利用いただけます。 基本的に水洗いのみで汚れが落とせますが、必要であれば、少し洗剤を含ませて下さい。 また、使い込むほど束子はしなり、いい状態になって参ります。

なお、お茶碗についたご飯などの残りカスが典型ですが、乾燥してしまうと固まります。 もちろん、棕櫚の束子で磨いておとせますが、洗い桶に少し浸しておけば、汚れは簡単に落とせます。その時、すべてを浸しておくのではなく、汚れが落ちにくいものだけを浸しておく。 それが何であるかは、やはり主体性とも関わります。この機会に、洗い桶も見直してみて下さい。

さて、最近では洗浄力の強い食器用洗剤が販売されているのですが、手が荒れやすくなります。 その点でも、棕櫚の束子でざっと水洗いした後に、手に優しい方の洗剤で、ざっとリンスする感じの洗い方がおすすめです。 その時おすすめできるのが、マーチソンヒュームの洗剤です。 あるいは、市販の強力な洗剤にこだわるようでしたら、 マリーゴールドのゴム手袋があると便利です。 加えて、長時間大量の洗い物をする場合も、これを装着することで手が荒れません。

そして、水切りの容器に並べることで、 ある程度の水切りができますので、水切りの容器もそのご家庭にあったものをご利用下さい。 当店では、衛生的でお手入れがしやすい、ステンレス製のものをおすすめしています。 なお、並べ方により乾燥の度合いは違って参りますが、これは試行錯誤を繰り返してみて下さい。 加えて、ちょっとした水切りであれば、 吸水マットがあると便利です。

続いて大切なことが、食器や道具を拭き取っていくことです。 拭くことで、汚れを手触りで最終チェックできます。また、その食器や道具への愛着も増して参ります。 その点でも拭くという行為を見直してみて下さい。 そこで、ドビー織りふきんをおすすめします。 真っ白で衛生的であるばかりか、布地の厚みがほど良く、吸水性が良いので、快適に拭き上げることができます。 少し大きめの布巾ですので、お鍋や大きめの道具にも対応します。

ドビー織りふきん

なお、油を馴染ませた鉄製フライパンのようなものは、別のものを用意していただきます。 通常の布巾を使うと、馴染んだ油で真っ黒になってしまいます。 そこで、おすすめのものが、FRパイルクロスです。 こちらを濡らした状態で拭けば、油汚れのみを気持ちよく除去できます。 しかも、汚れたクロスは、水洗いすることで、比較的簡単に汚れが落とせるのです。 加えて、油が飛び跳ねたレンジまわり、あるいは汁などが飛んだ食卓の拭き上げにも有効です。

FRパイルクロス

このように道具の特性を生かして、使い分けて頂くことで、効率よく快適にお手入れができるばかりか、 お料理は美味しくなります。 また、キッチン空間が綺麗になることで、心が落ち着いて、ゆとりも生まれて参ります。 しかし、その本質は主体性であり、自分の手でできた手応えでしょう。それが楽しさにつながります。 ですから、「自分で食べたものは、自分で片付けよう」は誰かに依頼するものではなく、 まずは自分が楽しむもの。そんなことを道具が教えてくれます。

こちらの内容をテーマにした動画があります。上記でご紹介した商品をご覧頂けますのでご参考下さいませ。 「ぷれまTV しあわせのお料理道具 お手入れの道具」