料理道具専門店 フライパン倶楽部

since 1970 FR CAMPANY
Instagram ご相談窓口
ホーム 会社案内 ご利用手引き 取扱ブランド カートを見る

料理道具専門店 フライパン倶楽部

MENU
0120-08-8271 10:00〜18:00 水・日・祝日定休 お問い合わせ 利用手引 取扱ブランド Instagram カートを見る
ご相談窓口 info@furaipan.com 10:00-18:30 水・日・祝日定休
ユーザーの声
→投稿する
朝のスタッフ会議
月間ベスト30
フライパン
フライパン
炒め鍋・中華鍋
たまご焼き器
天ぷら鍋
おなべ
包丁・まな板
ボウル・バット
ケトル
キッチン小物
キッチンツール
便利小物
計量道具
バーミックス
卓上用品
箸・カトラリー
ポット・急須
調味料入れ
トレー・クロスマット
グラス・マグカップ
食器
木製品
保存容器・弁当箱
保存容器
弁当箱
布製品
タオル・布巾
エプロン
トートバッグ・ポーチ
リネンアイテム
掃除道具
たわし・スポンジ・ブラシ
布巾・食器拭き
シンクまわり掃除用品
ゴミ箱・ランドリー・インテリア家具
入荷&欠品情報
セール品
おすすめギフト
オリジナル企画
個人情報取扱
特定商取引法表示

朝のスタッフ会議

2019年11月14日

高田耕造商店 棕櫚のやさしい束子

日本晴れの11月6日、新大阪から特急くろしおに乗りこんで、和歌山県海南市の高田耕造商店さんを訪れました。 もともと、長野県南木曽市の山一の社長さんが、 若き後継者の高田大輔さんを「国産棕櫚(しゅろ)でのモノづくりを復活させ、家庭用品メーカーがひしめく 和歌山県海南でも一目おかれる人物」とご紹介いただきました。 良い商品の背後には、必ず良い人物が控えています。

束子は傷がつくと誤解されているところがありますが、素材によっても違いがあります。 一般的な椰子の実由来のパームは硬いのですが、棕櫚であれば、傷がつきにくく、多用途に使用できます。 ステンレス鍋はもちろん、フッ素樹脂加工のものにもお役立て頂けます。 そこで、高田耕造商店さんの棕櫚束子は、商品名に「やさしい」と言う形容詞を付けています。

左側が細め(特小)、右側が細め(小)。どちらも、シンクに置いても場所をとらず、手のひらに収まるコンパクトサイズ。 繊維を短くして、汚れを落としやすくしています。吊るせるのも特徴です。

改めて、お鍋の取扱説明書を見ると、洗剤にスポンジで洗うことをすすめていることが多いのですが、 スポンジは表面をなぞるだけで、化学の力で油分などを分解していますが、意外と油をはじめ汚れは残りやすい。 その点で、束子による物理的な力で磨くことで、汚れはしっかりと落とせます。 スポンジだけでは、意外と汚れが残っているのです。

洗剤だけでは落とせない汚れは、特に油汚れで多いと感じます。 お鍋であれば、特に外側が、長期間の使用で、油焼けして茶色に黒色に、油が変質して固まった状態となることがあります。 これは、やはり油汚れが残っていた結果でもあります。 しっかりと束子で磨いてもらえば、このような状態にはならないでしょう。

しかも、高田さんの棕櫚束子であれば、スポンジのように消耗品ではなく、より末永く使用できます。 また、耐熱性にも優れていますので、熱湯消毒ができて衛生的です。 束子内の汚れも、指で簡単に落とすこともできます。使用後は、よく水を切って頂くだけです。 そして、使えば使うほど、繊維がしなり、仕事をしている表情を見せてくれて、インテリアにもなるようにも感じます。

高田大輔さんは、もともと調理師を目指していたことを今回伺いました。 大輔さんが失職して路頭に迷っている時に、社長のお父様が 「さあ、いくぞ。」とばかりに取引先に出掛けて「息子が帰ってきました。」 訪問した時に、そのお父様にもご挨拶できましたが、ちょうど束子の修理依頼を引き受けていて 黙々と仕事に取り組まれていた姿が印象的でした。

そこに、自転車に乗った小学2年生の娘さんがニコニコして現れました。 私に挨拶をしてくれて、また風光明媚な田園地帯の中を走って行きました。 すると、高田さんの表情が、仕事の顔からお父さんの顔に。 その近くでは、奥様が梱包されていて、お母様がおもてなしをして下さいました。 親子三代、ご家族みんなに囲まれて束子を製造されている姿は、当店とも重なりました。

そんな高田さんは、ネット上のインタビュー企画で答えていました。 「まずは今、自分が置かれている境遇に真正面に向き合うこと。 それに本気で取り組んでみて本腰が入らないようであれば、それは自分の性に合っていないかもしれない。 ただ、本気で向き合えば、次のめぐり逢いが必ず待っている。そう思います。」
参考:たわし屋に生まれ、たわしの産地復活に賭ける三代目

それが天職のありかなのでしょう。 しかし、私が見る限りでは、いつしか、望んでいないことでも、それが天職になっていることもありえる。 そして、私自身はどうなのだろう。そんな生き方をしている人に触れると、 自分を正しく省みることができるように思いました。 それが出会いの妙であり、本当の自分に近づいていくように感じます。

今回めぐり逢えた高田さんでしたが、二人で真剣に向き合えば、 お互いに何か新しい道が開かれてくる予感もいたします。 そこで、フライパン専用の束子を高田さんと製作中です。近日中にご紹介できると思いますので、お楽しみに。 そんな高田さんの束子を少しづつ紹介して参ります。まずは、以下キッチン用の定番二品です。

細め小サイズ。お鍋・フライパン・まな板はじめ台所道具の標準サイズ。 棕櫚は柔らかくても、繊維を短くしているので、絶妙の硬さで汚れが落としやすい。

なお、キッチン用の束子は、中国産の棕櫚を使用していますが、国産のものよりも硬くなり、 キッチン用にはより相応しい素材となります。生産は、和歌山県海南市です。 国産棕櫚のものは、ボディーブラシなど別用途のもので、今後ご紹介して参ります。

細め(特小)サイズ。 口径の狭いグラス、蛇口回りなど、手の届きにくいところはじめ、隅々まで汚れを落とせます。

只今定番商品となり、こちらのページで販売いたしています。