左メニュー

ご相談窓口 info@furaipan.com 10:00-18:30 水・日・祝日定休
ユーザーの声
→投稿する
朝のスタッフ会議
月間ベスト30
オリジナル企画

カテゴリー

フライパン
おなべ
包丁・まな板
ボウル・バット
ケトル
キッチン小物
調理家電
卓上用品
食器
木製品
保存容器・弁当箱
布製品
掃除道具
食品
入荷&欠品情報
セール品
おすすめギフト
ブランド一覧
個人情報取扱
特定商取引法表示
TAKATSU furaipan.com
朝のスタッフ会議
2015年10月3日

それでも火が強くないですか?

フライパン初心者の方に向けて、「フライパン調理の実際」という動画を編集しています。 第一回目は、目玉焼きでしたが、編集後に改めて思ったことは、 フライパン調理は、弱火が基本であることです。 この動画では、卓上コンロのアモルフォ・プレミアムを使っていますが、予熱後の火加減は 終始、最小の火を使っています。消えるか消えないかの火であり、いわゆる弱火であり、とろ火です。

その前提として、油返しも含めて予熱をきちんとする前提があります。 予熱ができていないと、火力は強くなってしまいがちです。 加えて、フライパンを選んでいただきます。 今回は、極 鉄フライパン22cmを使いましたが、 鉄製のもの及び板厚の厚いものは、熱を金属板に蓄えますので、弱火でも熱を伝えることができるのです。 ところが、薄いフライパンですと、熱量が不足しがちで、火力を強くしてしまうのです。

忙しい時代には、手早く料理しようという心理も働いて、 火力が強くなってしまい、本来の美味しさを未だ知らずにいるかもしれません。 そこで、きちんと予熱をして、とろ火で少々時間をかけて目玉焼きを焼いてみて下さい。 いつもと違った出来栄えになることでしょう。 また、その焼き方は、他のフライパン調理にも応用できる基本となります。 本当の目玉焼きの美味しさを再発見するために、火を弱くして下さい。

そんな視点で、以下の動画をご覧になって、焼き方を検証する材料にされて下さい。

お料理上手は幸せ上手
運営管理 エフアールカンパニー株式会社
〒440-0881 愛知県豊橋市広小路3丁目54番地1 TEL 0532-55-8278
電話受付時間 10:00〜18:00(水・日・祝日定休)

Copyright 1998-2016 ©Faith&Responsibility Company All rights reserved.