左メニュー

ご相談窓口 info@furaipan.com 10:00-18:30 水・日・祝日定休
ユーザーの声
→投稿する
朝のスタッフ会議
月間ベスト30
オリジナル企画

カテゴリー

フライパン
おなべ
包丁・まな板
ボウル・バット
ケトル
キッチン小物
調理家電
卓上用品
食器
木製品
保存容器・弁当箱
布製品
掃除道具
食品
入荷&欠品情報
セール品
おすすめギフト
ブランド一覧
個人情報取扱
特定商取引法表示
TAKATSU furaipan.com
朝のスタッフ会議
2014年12月1日

「 バーミックスのある暮らし」書評

いつか自分の娘に会わせたいと思う女性の一人が井手櫻子さんです。 その井手さんが最近『バーミックスのある暮らし』(幻冬舎)を上梓されました。 井手さんは専業主婦から身を立てて、 バーミックスをはじめとする家庭用調理道具の 販売会社を興したのが1983年。 それから30年以上の歳月を経て、今も現役社長のお立場にあります。 そのバーミックスという一つの道具を通じて、いろいろな方々との出会いの物語が綴られています。 道具を通じて、人と人とが繋がり、絆が深められることが分かります。 しかも、バーミックスの使い方まで、しっかりと把握できてしまう心温まる実用的な本です。

まずは、料理研究家の阿部なをさんに教えていただいたフレッシュミックスから始まります。 腸を整える栄養バランスの良い朝食がどのようにして生まれたのか。 「青い野菜は血になる。」「自分の健康を守るのは青汁だ。」との思いをもった阿部さんから 「続けていけば、きっといいことがあるわよ。」その言葉を信じてご自身も毎朝の習慣となっている。 今日も井手さんが現役でご活躍できるのも、このフレッシュミックスのおかげ。 大変説得力があります。 また、小さなお孫さんが自宅の庭で採れた野菜でフレッシュミックスを楽しんでいる。 この光栄には安堵のようなものと、豊かな食の継承を思いました。

続いて、残り野菜をスープにする。そこには、料理研究家の有元葉子さんとの出会いがありました。 「冷蔵庫の残り野菜が、おいしくて栄養たっぷりのポタージュに変身。」 合理的なお考えの有元さんらしく、材料は最初から決めてかからず、その時に あるもので作っても美味しくできるとのこと。 「こんな気軽にポタージュを作ろうと思えるのは、バーミックスがあるからこそなのですよ。」 そんな言葉に井手さんは大変励まされたそうです。 特に、この本では、有元さんとの出会いの妙が具体的に紹介されています。 お二人がそれぞれを高めあっているお姿は、大変麗しく見えて参ります。

そして、手作りマヨネーズです。料理教室に参加された学校の先生が、家庭訪問の時に手作りマヨネーズを持参して喜ばれたとのお話。野菜嫌いの子が、先生のマヨネーズで野菜好きになります。 そんな思い出は、子供の心にずっと残るとのことですが、そうだろうと思います。 おしゃれな空き瓶に入れてリボンを結んでプレゼントする。 そんな提案もされています。 お料理研究家のようなプロからだけではなく、 一般のユーザーからも謙虚に学ぼうとされ、素直に喜ばれている井手さんのお姿が 随所に綴られています。修理に感銘を受けたユーザーからの礼状でこの本も締められています。 また、バーミックスは、一般の方でも気軽に使える道具なのだと分かります。

続いて、味噌作りです。お仕事の仲間から「バーミックスでお味噌を作ると、とてもいい」 それから井手さんは味噌作り教室を始めます。 加えて、煮干し、かつお節、昆布をバーミックスで粉だしにします。 この粉だしなら、お湯に入れるだけで、だし汁が手早くできます。 さらに、この粉を味噌に混ぜてだんご状にしてラップにくるむ。 外出先でこれにお湯を注げば即席味噌汁を楽しめる。 やはり、井手さんにとっての仲間は、かえがえのない宝物だと感じます。 毎年、桜の咲く頃には、その皆さんとご自宅で花見をされていることを伺いますが、 そんな交流を通じて、新たな料理も生まれてきたのだと思います。

そして、ごまです。もともと井手さんは翻訳家の浦松フキさんがアメリカで バーミックスを使っているところを見たのが、バーミックスとの出会いだったそうです。 この方が使っている道具なら間違いないと。 そして、和食に使えるかを試行錯誤するのですが、 その時に、ごまの調理に有効であることを知ります。 ひょんなことから、バーミックスでペースト状の練りゴマができることも発見。 こちらの浦松フキさんは、「アメリカで暮らし、自由闊達の精神と若者のような好奇心を 持ち続けておられた」ともご紹介されていました。 この点は、私の井手さんのイメージとかぶります。

私も井手さんとは、バーミックスを通じてお会いすることができた一人です。 バーミックスだけではなく、商品を売るとは何かを教えていただきました。 また、井手さんと私の共通点は、独立自尊を掲げる学府で育ったという点です。 井手さんは、その本流を走って来られた大先輩に映ります。 周りに流されることなく、常に自分で考えて、ご自分の責任で行動して来た。 自立した美しい女性の姿を見ることができます。 ただ、その美しさは、母親を想起させるのかもしれませんが、働くことよりも 暮らしの方に比重が大きいと感じます。 そんな美しい暮らしを提供して来たバーミックスだからこそ、 輝く女性を生み出す道具だとも言えるでしょう。

お料理上手は幸せ上手
運営管理 エフアールカンパニー株式会社
〒440-0881 愛知県豊橋市広小路3丁目54番地1 TEL 0532-55-8278
電話受付時間 10:00〜18:00(水・日・祝日定休)

Copyright 1998-2016 ©Faith&Responsibility Company All rights reserved.