左メニュー

料理道具専門店 フライパン倶楽部 Since1998 Faith&Responsibility Company

ホーム 会社案内 ご利用手引き お問合せ カートを見る
ご相談窓口 info@furaipan.com 10:00-18:30 水・日・祝日定休
ユーザーの声
→投稿する
朝のスタッフ会議
月間ベスト30
オリジナル企画

カテゴリー

フライパン
おなべ
包丁・まな板
ボウル・バット
ケトル
キッチン小物
調理家電
卓上用品
食器
木製品
保存容器・弁当箱
布製品
掃除道具
食品
入荷&欠品情報
セール品
おすすめギフト
ブランド一覧
個人情報取扱
特定商取引法表示
TAKATSU furaipan.com
朝のスタッフ会議
2009年1月30日

たまご焼きを比較する

 

「おいしいたまご焼きを作りたいのですが、どれがおすすめですか。 銅のたまご焼きも気になります。」そこで、実際に当社の実力派のたまご焼きで 焼き比べてみました。まず、実店舗では定番で扱いのある 中村銅器製作所の銅たまご焼き器。 そして、プレミアムセラミックたまご焼き極たまご焼き小です。 できるだけ、同じ条件で焼くように努めました。この3つのお鍋は、形も大きさも、ほぼ同じです。 そして、同じパックに入っていた玉子を使いました。 分量は、たまご2個に、だし汁大さじ2杯、砂糖小さじ1杯としました。 どれも油返しを行ない、ほぼ160〜180度で分量半分を流し入れます。 (これは、念のため非接触型放射温度計でコントロール) 後は、終始弱火にして、向こう側に巻き上げて行きます。 そして、途中では油は一切敷かずに、そのまま空いたところに、残り半分を流し入れます。 最後に、手前に向けて巻き戻して終了です。


銅のたまご焼き器 画像クリックで拡大されます。


プレムアムセラミックのたまご焼き 画像クリックで拡大されます。


極のたまご焼き小 画像クリックで拡大されます。

どれも、要領は同じで、火加減も同じで、好みの焼き加減で火を止めました。 かかった時間は、ほとんど変らなかったと思います。その結果が上の写真です。 銅は、職人肌の本格的な仕上がりという印象。 セラミックは、どちらかと言うとケーキに近いような、ふんわりとした仕上がり。 そして、鉄はその中間と言ったら良いのでしょうか。 焼き目は、これは焼き方にもよるのでしょうが、銅がより綺麗になる感じがいたします。 それでも、大差はないと思います。 味に関しても、私が鈍感かもしれませんが、どれも大きな違いは、感じれませんでした。 他のスタッフからすると、銅は、よりたまご本来の味を感じれた。 セラミックには、遠赤外線の効果か、ふっくら感があった。鉄は、しっかりとした食感などの意見がでました。 お手入れも、きちんと手入れされた今回の道具であれば、どれも変りありません。 どれも、底面にも側面にもこびりつきはなく、ざっと水洗いするだけでした。 なお、銅は、その後、薄く油を塗布いただいて収納します。


画像クリックで拡大されます。

やはり、銅のたまご焼き器は、職人にも選ばれてきて、より魅力のある商品かもしれません。 均一に熱を伝える点では、厚味もありますが、銅という素材が一番優れています。 当社定番の中村さんのものは、1.5mm厚で、家庭用では十分な厚味。けど、それほど重さは感じません。 お鍋の作りも、より手作りの風合いが漂います。 中村さんの説明によると、同類のものは、緑青という銅錆を防ぐために、 内面銅の上にメッキを施しているのですが、こちらは、スズ引きを施している。 メッキは剥げやすく、スズ引きだと焼き付けてあるので、使うほどに油もなじみやすい。 ただ、このスズ引きは、より熟練の技術が必要とされる手間隙のかかる作業。 少し間違えると、変色したり、むらが生じてしまいやすい。

そのあたりを、中村さんの熟練の技術で、綺麗にスズ引きが施されています。 そして、取っ手と本体の接合部分に鋲が出ていないため、より取り出しやすい。 プレミアムと極も良く見ると、鋲がでています。ただ、菜箸でしたので、取り出しに不自由は感じませんでした。 このあたりも職人のこだわりでしょう。下の左写真をご覧下さい。4箇所の丸い接合部分の出っ張りが少ないのです。 ヘラ使いには有効かもしれません。また、ハンドルの角度も、長年の実績から扱いやすい角度になっているとのこと。 ただ、お使い時に木柄を打ち込んで頂きます。 緩んでくることもありますので、その節は打ち込んでいただきます。 このようにして、東京足立区で一つ一つ作られる銅たまご焼き器には、赤々と燃える職人魂のようなものが感じられます。


画像クリックで拡大されます。

お料理上手は幸せ上手
運営管理 エフアールカンパニー株式会社
〒440-0881 愛知県豊橋市広小路3丁目54番地1 TEL 0532-55-8278
電話受付時間 10:00〜18:00(水・日・祝日定休)

Copyright 1998-2016 ©Faith&Responsibility Company All rights reserved.