料理道具専門店 フライパン倶楽部

since 1970 FR CAMPANY
Facebook Instagram ご相談窓口
ホーム 会社案内 ご利用手引き 取扱ブランド カートを見る

料理道具専門店 フライパン倶楽部

MENU
0120-08-8271 10:00〜18:00 水・日・祝日定休 お問い合わせ Facebook Instagram 利用手引 カートを見る
ご相談窓口 0120-08-8271 info@furaipan.com 10:00-18:30 水・日・祝日定休
ユーザーの声
→投稿する
朝のスタッフ会議
月間ベスト30
フライパン
フライパン
炒め鍋・中華鍋
たまご焼き器
天ぷら鍋
おなべ
ごはん鍋
ステンレス鍋
ホーロー鍋
アルミ鍋
いろいろ鍋
圧力鍋
IH(電磁調理器)対応一覧
包丁・まな板
ボウル・バット
ケトル
キッチン小物
キッチンツール
便利小物
計量道具
調理家電
卓上用品
箸・カトラリー
ポット・急須
調味料入れ
トレー・クロスマット
グラス・マグカップ
食器
木製品
保存容器・弁当箱
保存容器
弁当箱
布製品
タオル・布巾
エプロン
トートバッグ・ポーチ
リネンアイテム
掃除道具
たわし・スポンジ・ブラシ
布巾・食器拭き
シンクまわり掃除用品
ゴミ箱・ランドリー・インテリア家具
食品
入荷&欠品情報
セール品
おすすめギフト
オリジナル企画
個人情報取扱
特定商取引法表示

わが街・豊橋わが故郷・東三河

住民たちが街を創る NPO法人二川宿

東海道の宿場町である二川は、江戸情緒漂う街並みが残っています。 豊橋市に位置して、当店より東へ自動車で20分ほどのところに位置します。 すぐそばには、恐竜をテーマにした自然史博物館と遊園地が併設される 豊橋総合動植物公園が控えています。 今回、草津宿街道交流館でTKD(東海道)57総選挙を実施したところ(有効投票数5,105)、東海道にある57の宿場町の中で、二川宿が一番人気だったそうです。 二川の住人である私の解釈では、二川宿の人たちの自治意識の高さが、その結果を生み出していると誇らしく思いました。


灯籠で飾ろう二川宿 二川宿本陣資料館前

それは、行政が主導する街づくりではなく、住民たちが積極的に参画していることで分かるのです。 この夏にも行われた催事「灯篭(とうろう)で飾る二川宿」は、住民たちのボランティアで運営されています。 JR二川駅を起点に東方向へ1.5qほどの細い通りの両脇に灯篭を並べて、ぶらぶらと練り歩く行事です。 途中にお店や屋台が立ち並び、ところどころで和太鼓や和楽器の演奏なども楽しめます。 こちらの通りの拠点になるのが豊橋市二川宿本陣資料館です。 本陣は、大名などの宿泊施設ですが、そこには庶民の宿泊施設であった旅籠屋(はたごや)「清明屋(せいめいや)」も併設されています。 加えて、この秋11月1日には、商売を営んでいた商家の「駒屋(こまや)」が改修復元されて開館いたします。

この「駒屋」の開館に向けて、住民たちは数年前から準備を進めて来ました。 そこでは、地元住民による観光案内、地元特産品の開発と販売などを目指しています。 もともと、平成14年に住民の自主的組織として「二川・大岩まちづくり協議会」が設立されたことを契機に、 行政との協働事業「二川宿ブランド化推進委員会」では、観光案内の指針ともなる 住民手作りのリーフレットの製作や新しい特産品「レモン柏餅」の開発などを手掛けて来ました。(レモンは、前回ご紹介した二川の河合果樹園さんのものです。) そして、行政の直営ではなく、住民たちが「駒屋」の管理運営を担っていくことを目指して、 昨年3月に特定非営利活動法人(NPO)を設立するに至りました。

ここに至るまでに、住民は、持続可能な組織を模索していました。 そこには、次代に継承して行きたいとの強い思いがありました。 かたや、利益を追求する企業ではなく、目的や目標が明確でないサークルでもなく、 社会的な信用を備えて、透明性の高い運営を行うことも求めていました。 そこで、議論を重ねた結果、NPOという組織に至ります。 この法人の目的は、「二川宿を中心とする二川地域の歴史文化を全国に発信し、地域住民の誇りとなる地域づくりを目指すとともに、 地域資源である市民活動を支援し、次世代への文化の継承をすることで、住まう人、訪れる人に魅力ある地域とする。」 行政任せにせず「自分たちの街は自分たちで創る」気概に満ちています。

そして、駒屋開館の1週間後の11月8日には、毎年恒例の二川宿本陣まつり大名行列も行われますが、こちらは今年で25周年を迎えます。今年は、二川宿にとって節目の年となります。 この秋には、ご来店かたがた、二川宿にもぶらりと寄ってみて下さい。

平成27年葉月