料理道具専門店 フライパン倶楽部

since 1970 FR CAMPANY
Instagram ご相談窓口
ホーム 会社案内 ご利用手引き 取扱ブランド カートを見る

料理道具専門店 フライパン倶楽部

MENU
0532-55-8278 10:00〜18:00 水・日・祝日定休 お問い合わせ Instagram 利用手引 ブランド カートを見る
ご相談窓口 info@furaipan.com 10:00-18:30 水・日・祝日定休
ユーザーの声
→投稿する
朝のスタッフ会議
月間ベスト30
フライパン
フライパン
炒め鍋・中華鍋
たまご焼き器
天ぷら鍋
おなべ
ごはん鍋
ステンレス鍋
ホーロー鍋
アルミ鍋
いろいろ鍋
圧力鍋
IH(電磁調理器)対応一覧
包丁・まな板
ボウル・バット
ケトル
キッチン小物
キッチンツール
便利小物
計量道具
調理家電
卓上用品
箸・カトラリー
ポット・急須
調味料入れ
トレー・クロスマット
グラス・マグカップ
食器
木製品
保存容器・弁当箱
保存容器
弁当箱
布製品
タオル・布巾
エプロン
トートバッグ・ポーチ
リネンアイテム
掃除道具
たわし・スポンジ・ブラシ
布巾・食器拭き
シンクまわり掃除用品
ゴミ箱・ランドリー・インテリア家具
食品
入荷&欠品情報
セール品
おすすめギフト
オリジナル企画
個人情報取扱
特定商取引法表示

わが街・豊橋わが故郷・東三河

岩屋緑地に親しむ会 西川収示さん


 住民が自らの足で立ち上がる街

朝のマイカー通勤時に、反対車線の向こう側で、黙々と草を刈っている作業着姿の西川さんが目に入りました。 近くにはバス停があり、子供たちの通学路でもあります。 その道を安全に通行できるのは、街の人たちの労苦が伴っている。 そんなことを想起させる後姿に心温められて、そのまま車を走らせました。


散策路に侵入したササを刈り払う西川さん

豊橋市の東部に位置する岩屋緑地は、わが故郷の里山と呼ぶに相応しい地であり、 市街地からほど近く、身近に自然と触れあえるスポットでもあります。 二つの小高い山をいただき、山頂に観音像がある岩屋山、その隣の大倉山の頂上には 展望台があり豊橋の街を一望することができます。 標高は100メートルですから、小さな子供でも楽しく頂上まで歩いて登れます。 途中にあるフィールドアスレチックの遊具などで楽しむこともできます。 また、南の麓にはプラネタリュームのある豊橋市視聴覚教育センターがあり、 少し足をのばせば、豊橋動植物公園や二川宿本陣資料館にも至ります。 この界隈は、教育環境にも恵まれています。 ただ、里山を管理維持することは行政だけでは難しく、 紆余曲折がありつつも、最終的には市民が立ち上がった経緯がありました。 その集まりが、「岩屋緑地に親しむ会」です。 現会長の西川収示さんは、平成13年の発会時から関わっておられます。 もともとは、豊橋市の「里山管理ボランティア養成講座」が出発点。 この講座を通じて、地元住民が主体となって取り組む活動が始まり、会則が規定されるに至りました。 「この会は、岩屋緑地を中心として、多様性のある森づくり・環境づくりなどの フィールドワークを行うとともに、これらの活動を通して 人間と自然の新たな共生関係を模索するとともに、環境教育の場を提供することを目的とする。」 地元を愛する熱い思いが、このような形で結実したとも言えるのでしょう。

その西川さんを中心に、今年の夏「灯籠で飾ろう二川宿」が開催されました。 岩屋緑地は、豊橋方面から二川に入る玄関に位置しています。 その二川は東海道の宿場町で、古い街並みが残ります。 地元の園児・小中学生たちの製作した灯籠などが、JR二川駅から旧東海道の通りに並ぶと幽玄な光が漂います。 日没の頃から午後9時までは、歩行者天国となり子供たちが友達や家族とともに練り歩きます。 通りにある氷屋さんには、赤い提灯がぶら下がり、長蛇の行列ができていました。 同じく通りにある二川宿本陣資料館の駐車場では、太鼓の音とともに盆踊りが行われています。 深編み笠をかぶり尺八を吹いている人も、この通りにはお似合いです。 西川さんは、街の子供たちのことを心に掛けて、「子供たちが自分たちの街に出てきて欲しい」 そんな願いが実現した日となりました。 このような催事を通じて、街への愛着や誇りは生まれるのでしょう。 また、この催事は、行政主体ではなく市民主体で行われたところにも価値があります。 私もお手伝いさせていただきましたが、 「自分たちの街は、自分たちで作る」という気概を感じることができました。 それは、子供たちへの最高のお手本です。 西川さんと初めてお会いした時に、「お宅の店の前にある池は、僕が作ったんだよ。」 当店のある広小路通りでは、電線を地中化する時に歩道を広くしました。 その時に、水の流れるモニュメントを作ったのですが、建設会社を経営する西川さんが施工担当だったのです。

西川さんは、優しい笑みをたたえている好好爺なのですが、 ここ一番の大切な時には、仕事人の顔つきになるのが印象的です。 「誠意をもって事に当たれば、何事も道は開かれる。」 若いころは、中堅建設会社で全国の現場を巡り歩いて来たゆえに、仕事の進め方を心得ておられます。 それらが生かされて、今日は住民が主体となる街作りに取り組まれています。 最近は人作りに重心が移られて、「私は、若い人と年寄りの橋渡し役だよ。」 それを聞きながら、ふと考えれば、私も橋渡しをしてもらっている一人だと気が付きました。

平成25年長月