料理道具専門店 フライパン倶楽部

since 1970 FR CAMPANY
Instagram ご相談窓口
ホーム 会社案内 ご利用手引き 取扱ブランド カートを見る

料理道具専門店 フライパン倶楽部

MENU
0120-08-8271 10:00〜18:00 水・日・祝日定休 お問い合わせ 利用手引 取扱ブランド Instagram カートを見る
ご相談窓口 info@furaipan.com 10:00-18:30 水・日・祝日定休
ユーザーの声
→投稿する
朝のスタッフ会議
月間ベスト30
フライパン
フライパン
炒め鍋・中華鍋
たまご焼き器
天ぷら鍋
おなべ
包丁・まな板
ボウル・バット
ケトル
キッチン小物
キッチンツール
便利小物
計量道具
バーミックス
卓上用品
箸・カトラリー
ポット・急須
調味料入れ
トレー・クロスマット
グラス・マグカップ
食器
木製品
保存容器・弁当箱
保存容器
弁当箱
布製品
タオル・布巾
エプロン
トートバッグ・ポーチ
リネンアイテム
掃除道具
たわし・スポンジ・ブラシ
布巾・食器拭き
シンクまわり掃除用品
ゴミ箱・ランドリー・インテリア家具
入荷&欠品情報
セール品
おすすめギフト
オリジナル企画
個人情報取扱
特定商取引法表示

実店舗TAKATSUからのお知らせ

2020年4月14日

ロカールに生きるお店を目指して

NHK「日曜美術館」で写真家のソール・ライターの特集が組まれていて、 ライターの展示会に訪れていた人が何気なくライターの生き方を右のように語っていました。 「人間がすごくローカルに生きれば生きるほど、より普遍的になる。」 この言葉が私の心に強く響きました。このたび 「しあわせのお料理道具」でお世話になっている東愛知ウェ〜ブさんと重なりました。

私の場合は20年以上にわたり、ネット通販で全国の皆さんにお世話になり、いつしか足元の地元の皆さんのことを 見失いがちでした。100年以上の長い歴史の中では、やはり地元の皆さんとともに歩んで来た店であり、 改めて、この機会に原点に帰らせて頂いています。 そんな良い機会を与えてくれたのが、東愛知ウェ〜ブの藤村正人社長でした。

ありし日のスタジオの光景です。この雰囲気に不思議と魅かれます。

当店そばの開発ビルというオフィスビルの1階にスタジオ兼ショップを構えていて、 はじめてお会いした時に、藤村社長はじめ4人ほどのスタッフの皆さんが打ち合わせをしていました。 そこの空気に何か個人的に魅かれるものがあり、それが上記の普遍的なものかもしれません。 人間味であったり、自分らしさであったり、あるいは自由とも表現できるでしょうか。

それはまた、街を愛する想いであったり、もっと本質的には人を愛する想いであったり、 これまで体験したビジネスの延長線上では語れない、何か優しさのようなものでもありました。 「こんな皆さんと一緒に仕事したいな〜」自然と思わせる何かでした。 フライパン倶楽部も「すごくローカルに生きれば生きる」方向で進化したいとも思いました。

そんな皆さんと制作中の「しあわせのお料理道具」は3回を重ねましたが、 ちょうどこの時期のコロナウィルス禍は、われわれにグローバルあるいは全国から、ロカールに帰ることを 教えてくれる事態なのかもしれません。 かたや、先日このチームの皆さんが実店舗にご来店下さり、その時の映像が公開されていますので、 よろしければご覧になってみて下さい。