料理道具専門店 フライパン倶楽部

since 1970 FR CAMPANY
YouTube Instagram ご相談窓口
ホーム 会社案内 ご利用手引き 取扱ブランド カートを見る

料理道具専門店 フライパン倶楽部

MENU
0532-55-8278 10:00〜18:00 水・日・祝日定休 Instagram YouTube カートを見る
ご相談窓口 info@furaipan.com 10:00-18:30 水・日・祝日定休
ユーザーの声
→投稿する
朝のスタッフ会議
月間ベスト30
フライパン
おなべ
包丁・まな板
ボウル・バット
ケトル
キッチン小物
調理家電
卓上用品
食器
木製品
保存容器・弁当箱
布製品
掃除道具
食品
入荷&欠品情報
セール品
おすすめギフト
オリジナル企画
個人情報取扱
特定商取引法表示
TAKATSU furaipan.com

朝のスタッフ会議

2017年6月22日

FRの書評 道具があってこそのキッチン


アンドプレミアム2017年7月号「キッチンと道具。」(マガジンハウス)
最近嬉しいことは、料理道具の特集をしてくれる生活雑誌が増えて来たことです。 やはり、キッチンという空間は、道具があってこそ、生きたものとなります。 今回は18名の方々のキッチンを取材されていますが、 そこで使われている道具に焦点をあてているので、キッチンそのものも生きたものとして伝わって参ります。 今までは、道具は棚や引出しの中に隠されてしまうことが多かったのですが、 それでは見た目は良くても、生活感なるもの、リアルなものが伝わってこない。
最初に登場する音楽家のオライビさんのキッチンでは、吊るされたフライパンが印象的でした。 吊るされているので、さっと取り出せて、さっと収納もできる。 それは、毎日フライパンを愛用しているのだと想像もできます。 その意味でも、常に使う道具を選ぶことが大切でしょう。 また、吊るすことで、風通しもよくなり、道具の状態もよくなります。 引出し等にしまいこめば、錆等が生じやすくなる。 さらに、見えないところに置いてしまうと、いつの間にか道具の存在を忘れてしまう。
今回登場する皆さんは、道具に対する思い入れが強い。 すると、どんなキッチンになるのか。 その点では、使いまわしの良い、実用的なキッチンへの提案でもありました。 台所とは、人に見せる要素もありますが、 基本は調理をするところであると気づかされます。 その時に、いかに道具と向き合うか。 そこに、調理のしやすさ、キッチンの使い心地につながっていくのだと思いました。 その点で、キッチンを使いこなしている人は、道具を大切にしている人とも言えるでしょう。
布作家の早川ユミさんのキッチンで締められていました。 「私がふだん愛用する道具は、人から受け継いだものや 旅をする中で出会ったものがほとんど。・・・・物だけどただの物ではない。」 「人が使っていたものは、その人が使っていた時間に想いを馳せることができて、 道具に対する愛着がより湧いてくるんです。そんな、使い込まれた道具に励まされ、 また今日も何か作ろう、と手が動くんです。」 布と関わるお仕事を通じて、布から教えていただいている方だなと思いました。
キッチンで道具が大切にされていれば、その空間は生きた空間となり躍動して、 美味しさが必然と作られていくのでしょう。 18名のキッチンを通じて、もう一度、私と道具との関係性を見直してみる機会としたいです。