料理道具専門店 フライパン倶楽部

since 1970 FR CAMPANY
Facebook Instagram ご相談窓口
ホーム 会社案内 ご利用手引き 取扱ブランド カートを見る

料理道具専門店 フライパン倶楽部

MENU
0120-08-8271 10:00〜18:00 水・日・祝日定休 お問い合わせ Facebook Instagram 利用手引 カートを見る
ご相談窓口 info@furaipan.com 10:00-18:30 水・日・祝日定休
ユーザーの声
→投稿する
朝のスタッフ会議
月間ベスト30
フライパン
フライパン
炒め鍋・中華鍋
たまご焼き器
天ぷら鍋
おなべ
包丁・まな板
ボウル・バット
ケトル
キッチン小物
キッチンツール
便利小物
計量道具
バーミックス
卓上用品
箸・カトラリー
ポット・急須
調味料入れ
トレー・クロスマット
グラス・マグカップ
食器
木製品
保存容器・弁当箱
保存容器
弁当箱
布製品
タオル・布巾
エプロン
トートバッグ・ポーチ
リネンアイテム
掃除道具
たわし・スポンジ・ブラシ
布巾・食器拭き
シンクまわり掃除用品
ゴミ箱・ランドリー・インテリア家具
入荷&欠品情報
セール品
おすすめギフト
オリジナル企画
個人情報取扱
特定商取引法表示

代表者のエッセイ

2013年12月25日

食品虚偽表示に思う

有名ホテルや百貨店での食品虚偽表示が明るみになった一年でした。 関係する業界では、独自の表示基準を設けるなどの対策に追われているようです。 また、景品表示法の改正を視野に、国も動いています。 そこで、消費者は、それらを監視していれば良いのでしょうか。 この問題は、偽装表示をした会社や業界および法令の問題だけではなく、もっと根の深い問題のように思います。 それは、消費者の食のあり方に対する警告のように思われるからです。

本来、口に入れるものは、命に関わることであり、何を食べるかは大変重要なことです。 ところが、相手を信頼するのは良いのですが、言い方を変えれば、他人任せになってしまっている。 すなわち、他人に作ってもらうようになった。 そこで、信頼できる他人とは誰なのか。 それは、損得を抜きにして、それを食べる人に対する愛情をもつ存在に至るでしょう。 ビジネスを否定する訳ではありませんが、ビジネスには損得がからみます。 その点で家庭とは、偉大なり。損得を超越した神聖なところなのです。

以前は、「お台所を守る」という表現があったと思います。 それは、その家族が口に入れるもの、食べるものに責任をもっていたのです。 「男子厨房に入らず」という言葉は、裏を返せば、厨房には入らせない存在がいたのでしょう。 それくらいの心意気をもって、昔の人たちは、台所に立っていた。 いつしか、お台所は、守られるものではなく、オープンキッチンなる言葉もあり、 誰でも気軽に調理できるような雰囲気となっています。しかし、責任の所在が不明です。

食品スーパーは、もはや出来合いの総菜、デリカなるものが主力商品となっている様相です。 いつしか食材を売るところではなく、食材を加工するところに変貌しています。 それは、それを利用する消費者の必要がある結果なのでしょう。 今回の問題は、単に有名ホテルや百貨店だけに非があるのではなく、 食べるものへの責任を持とうとしない依存的な消費者にも非があるように思えます。 消費者は、この問題の矛先を自分にも向けるべきです。