左メニュー

料理道具専門店 フライパン倶楽部 Since1998 Faith&Responsibility Company

ホーム 会社案内 ご利用手引き Instagram
朝のスタッフ会議
2009年5月28日

ニューボウルが生き続ける訳

 

当社スタッフがずっと愛用しているガラスボールに、イワキさんのニューボウルがあります。 こちらも息の長い商品で、最近はロングライフデザイン賞も受賞しています。 見た目は、四角ボールです。丸型に比べてどこにメリットがあるのか。 それなりの理由があるのです。そこで、イワキさんのベーシックな丸型のボウルと比較してみます。 下右写真で、ほぼ同じ径のものです。左が外径21.5cmのニューボウル。 右が外径21cmの丸型ボウルです。ニューボウルは、やや縦型というか深みがあります。 ぱっちゃり、ふっくらしている感じです。 容量で比較すると、2.2Lと1.5Lなので、約1.5倍。かなり違ってくるのです。 ニューボウルはたっぷり容量のため、飛び散りがなく、攪拌がしやすい。こねもしやすいでしょう。


画像クリックで拡大されます。

その次に、お手入れのしやすさです。下の写真をご覧下さい。 丸型ボウルは縁があったり、底面に足があります。 その点で、ニューボウルは縁に段差がなく、足もありません。 しかも、安定感があります。この縁や足の出っ張りは、お手入れではひと手間となるものです。 その意味では、ニューボウルは、一体成形に近い感じです。 道具は、これに越したことはないです。 重さは、900gと750gでニューボウルがやや重くなりますが、容量の割には軽く、 安定感のある適度な重さだと思います。 軽さを求めるなら、ステンレス製等になるでしょう。 ガラス製は、へんに軽く薄くしてしまうと、破損のおそれが高くなります。 その意味では、しっかりとした作りです。


画像クリックで拡大されます。

そして、ニューボールは、四つ角があります。 そのため、その角が注ぐ口になって、注ぎやすいのです。 また、縁はなくても、角を対象線上につかんで、持ち運びもしやすい。 上部は、四角なのですが、攪拌部分は、丸型です。 下の右写真をご覧下さい。正確には、丸型ボールとも言えそうです。 その丸から四角になるところが、絶妙なデザインだと思います。 このデザインが、食材をより美味しく見せてくれる。作る意欲を引き出してくれる。 そんな魅力も秘めているのかもしれません。ステンレスとは違い、電子レンジも可。 イワキさんは、商品開発に意欲的で、商品の入れ替わりは激しいです。 そんな過酷な環境の中で、今日まで続いてきた商品。 それなりの訳があるのだと改めて思いました。 そんな訳あり商品を今後もご紹介して参りたいです。


画像クリックで拡大されます。

注文番号 商品名 サイズ 税抜き価格
707-162 イワキ
ニューボウル小
内径:14cm 高さ:7cm
容量:0.7L 重さ:360g
¥1,000
707-163 イワキ
ニューボウル中
内径:20cm 高さ:10cm
容量:2.2L 重さ:900g
¥1,400
707-164 イワキ
ニューボウル大
内径:23cm 高さ:11cm
容量:3.3L 重さ:1400g
¥1,800

お料理上手は幸せ上手
運営管理 エフアールカンパニー株式会社
〒440-0881 愛知県豊橋市広小路3丁目54番地1 TEL 0532-55-8278
電話受付時間 10:00〜18:00(水・日・祝日定休)

Copyright 1998-2016 ©Faith&Responsibility Company All rights reserved.