料理道具専門店 フライパン倶楽部

since 1970 FR CAMPANY
Facebook Instagram ご相談窓口
ホーム 会社案内 ご利用手引き 取扱ブランド カートを見る

料理道具専門店 フライパン倶楽部

MENU
0120-08-8271 10:00〜18:00 水・日・祝日定休 お問い合わせ Facebook Instagram 利用手引 カートを見る
ご相談窓口 0120-08-8271 info@furaipan.com 10:00-18:30 水・日・祝日定休
ユーザーの声
→投稿する
朝のスタッフ会議
月間ベスト30
フライパン
フライパン
炒め鍋・中華鍋
たまご焼き器
天ぷら鍋
おなべ
ごはん鍋
ステンレス鍋
ホーロー鍋
アルミ鍋
いろいろ鍋
圧力鍋
IH(電磁調理器)対応一覧
包丁・まな板
ボウル・バット
ケトル
キッチン小物
キッチンツール
便利小物
計量道具
調理家電
卓上用品
箸・カトラリー
ポット・急須
調味料入れ
トレー・クロスマット
グラス・マグカップ
食器
木製品
保存容器・弁当箱
保存容器
弁当箱
布製品
タオル・布巾
エプロン
トートバッグ・ポーチ
リネンアイテム
掃除道具
たわし・スポンジ・ブラシ
布巾・食器拭き
シンクまわり掃除用品
ゴミ箱・ランドリー・インテリア家具
食品
入荷&欠品情報
セール品
おすすめギフト
オリジナル企画
個人情報取扱
特定商取引法表示

わが街・豊橋わが故郷・東三河

枯れ葉舞う 軍靴響ける 夢の跡

わが故郷は、軍都とも呼ばれ、その名残を街のところどころに見ることができます。 私の中学校時代の校長であった兵東政夫(ひょうどうまさお)先生が、召される直前に「軍都豊橋」を上梓しました。 そのタイミングを考えると、それを書き残すことは、ご自分の使命であったかのようです。 そして、それは、先生からのわれら世代への遺言だったように思えてしまいます。 決して戦争を肯定するものではありませんが、 われら世代は、このことに無知であり過ぎると反省いたします。 そこには、国のために、家族のために、わが身を投げ出した人たちの尊い生き様がありました。 それらの犠牲の上に、今日の私たちがある。 そんな人たちのことを忘れて、その後の豊かさを享受している私たちが、時に申し訳なく、時に情けなく感じます。 今この時代に必要とされているのは、彼らが示してくれた、 「自分たちの国は自分たちで守る」という責任や気概ではないかと思えてくるのです。 陸軍歩兵第十八連隊のあった豊橋公園の入口には、見張りをするために詰めていた哨所(しょうしょ)が当時のままで残っています。 この季節、哨所周辺では、寂しく枯れ葉が舞っています。 偉大な人たちは、決して声高に自分のことを誇示しません。 ひっそりと目立たないところで生きていました。

陸軍歩兵第十八連隊をご存じでしょうか。 戦争末期に、サイパンに派遣されます。 日本軍がこの島を失ってしまえば、敵軍は日本本土に空襲することができる。 その最後の砦を守ろうと、懸命に戦ったのです。 昭和19年7月7日、サイパンは敵軍の手に陥ります。 それでも、生き残った第十八連隊の大場栄(おおばさかえ)大尉指揮下の部隊は、 タッポーチョ山を拠点に、ゲリラ戦で戦いを継続します。 その数は、四十七人と言いますから、忠臣蔵の赤穂四十七士を彷彿させます。 終戦を迎えても、なお抵抗は続きます。そして、ようやく上官の命令書を手にして、投降に至るのです。 それが、昭和20年12月1日ですから、陥落後512日間も戦い抜いた。 しかも、その前日には、髭をそり身なりを整え、亡くなった戦友たちを弔う式を敢行します。 そして、投降する当日。日章旗を高々と掲げ、軍歌を歌いながら整然と山を下ります。 大場大尉の軍刀が、敵軍の前に、厳かに捧げられる。 彼らに散々悩まされた米軍は、「敵ながら天晴れ」と涙を流すのです。 戦後、大場さんは語っています。「玉砕で死ぬべきところを生き残ったことについて、 果たして正しかっただろうかという思いがつねにあった。」 来春には、大場さんを主人公にした「太平洋の奇跡」が映画上映されます。 その生き様が公になるのは、大場さんの本望ではないのかもしれません。 しかし、それ以上に、われら世代が目覚めることを願っておられることでしょう。

平成22年霜月