左メニュー

料理道具専門店 フライパン倶楽部 Since1998 Faith&Responsibility Company

ホーム 会社案内 ご利用手引き お問合せ カートを見る

ラバーラまな板お手入れ方法


以下が商品に付属されています説明書の記載事項です。 こちらの商品は業務用のものもあり、そちらも意識した表記となっています。

1.表面がすべりやすく感じる時は、研磨剤入りの液体クレンザーにて、 タワシ等でよく擦って下さい。すべり止めの効果があります。 但し粉末クレンザーでは傷がつきます。

2.包丁で切りつけると、表面に傷がつきます。

3.木芯が入っていますので、切断(分割、切り詰めなど)しないで下さい。 また、内部の木芯が露出した時は、使用を止めて下さい。

4.表面削り(カンナがけ)は、しないで下さい。

5.調理面がケバ立ってきましたら、水でまな板を濡らし、荒砥石で擦り、取り除いて下さい。 ケバ立ったまま使用しますと、異物混入の原因となります。

6.毎回ご使用後は、ブラシ・たわし等を用いて、中性洗剤でよく洗って下さい。 また、洗浄後は、よく水分を拭き取り、立てかけて保管して下さい。 カビ、黒ずみ等の防止になり、常に清潔にお使いいただけます。

7.週1回は漂白して下さい。シミ、汚れ等が除去できますので、長時間清潔にご使用いただけます。 漂白には、台所用漂白剤を使用して下さい。

8.紫外線殺菌庫には入れないで下さい。表面が硬化したり変色することがあります。

9.煮沸消毒はできますが、10分以内を目安として下さい。 長時間煮沸しますと、硬化して変形することがあります。 また、鍋の底に触れると、溶けて変形することがあります。

10.温風保管庫ご使用の場合は、70度以下で、ご使用下さい。 高温長時間の保管では、溶けたり、フクレたり、変形の原因になります。 吹き出し口の付近は、特に高温になりますので、できるだけ離して下さい。

11.加熱殺菌後のご使用にあたっては、必ず、全体を常温まで冷却してからご使用下さい。 熱いままで使用しますと、プラスチックが軟らかくなるため、傷が大変つきやすくなります。 また、反りなどの変形も生じることがあります。

12.加熱殺菌等の繰り返しによっては、若干の反りが発生する場合があります。 反りに限らず、がたつきや滑りが気になる場合は、ふきん等を敷いて調整して下さい。

13.火気の近くに置かないで下さい。 直火に触れると、溶けたり燃えたりしますので、絶対に近づけないで下さい。 また、熱い鍋など、のせないで下さい。

ラバーラまな板のページへ戻る

お料理上手は幸せ上手
運営管理 エフアールカンパニー株式会社
〒440-0881 愛知県豊橋市広小路3丁目54番地1 TEL 0532-55-8278
電話受付時間 10:00〜18:00(水・日・祝日定休)

Copyright 1998-2016 ©Faith&Responsibility Company All rights reserved.