料理道具専門店 フライパン倶楽部

since 1970 FR CAMPANY
Facebook Instagram ご相談窓口
ホーム 会社案内 ご利用手引き 取扱ブランド カートを見る

料理道具専門店 フライパン倶楽部

MENU
0120-08-8271 10:00〜18:00 水・日・祝日定休 お問い合わせ Facebook Instagram 利用手引 カートを見る
ご相談窓口 info@furaipan.com 10:00-18:30 水・日・祝日定休
ユーザーの声
→投稿する
朝のスタッフ会議
月間ベスト30
フライパン
フライパン
炒め鍋・中華鍋
たまご焼き器
天ぷら鍋
おなべ
包丁・まな板
ボウル・バット
ケトル
キッチン小物
キッチンツール
便利小物
計量道具
バーミックス
卓上用品
箸・カトラリー
ポット・急須
調味料入れ
トレー・クロスマット
グラス・マグカップ
食器
木製品
保存容器・弁当箱
保存容器
弁当箱
布製品
タオル・布巾
エプロン
トートバッグ・ポーチ
リネンアイテム
掃除道具
たわし・スポンジ・ブラシ
布巾・食器拭き
シンクまわり掃除用品
ゴミ箱・ランドリー・インテリア家具
入荷&欠品情報
セール品
おすすめギフト
オリジナル企画
個人情報取扱
特定商取引法表示

朝のスタッフ会議

2018年5月3日・2019年9月10日改訂

クリステル ウルトラフライパン

フランス製のブランド品であるクリステルから、 より軽くて扱いやすくなったウルトラフライパンが新発売されました。 内面はフッ素樹脂が加工されていますので、食材もこびりつきくにくく汚れもさっと落とせて重宝です。 内面とあわせて、外側側面がブラックとなります。

クリステルには、ステンレスのフライパンもございますので、使い分けて頂いても良いでしょう。 ステンレスのフライパンは、厚板フライパンと同様に、しっかり焼き込み場合に、 そしてフッ素樹脂のウルトラフライパンでは、さっと手早く使う時および炒め物など。 比較的こびり付きやすい調理にも相応しいでしょう。

ここで、フッ素樹脂は長く愛用できないのではという不安に関して補足させて頂きます。 基本的に、取扱説明書通りの使い方をして頂けば、末永く使用することができるとも言えます。 また、美味しく調理ができます。 同じ道具でも、使い方によって大きな違いが生じるのです。

ですから、フッ素樹脂=消耗品という発想は、専門店の販売経験上から、 単に使い方を誤っているだけのことも多いのです。 そこで、取扱説明書等を通じて、改めてフッ素樹脂加工フライパンの扱い方を学んで頂ければと思います。 クリステルも、その点では、取扱説明書を熟読されることをおすすめします。 なお、フッ素樹脂に関して詳しく知りたい方は、こちらのページも参照下さい。

従来のクリステルノンスティックフライパンより深みがあります。

使い方の要点だけを簡単に整理させて頂きます。 ポイントは二つです。火加減は中火以下。 そして、洗う時は、柔らかいスポンジでしっかり汚れを落とす。 チェリーテラスさんのページでは以前、この二つを守れば、少なくとも5年以上は使用できますとの記載もございました。

ご使用後のお手入れとして、「ご使用後はできるだけ早く、熱いうちにお湯か水を入れ、 洗剤を入れておくと食材が余熱で焦げたり、こびりつくのを防げます。 洗うと簡単に汚れが落ちるようにみえますが、濡れた面を指先でなでると ヌルヌルして油が残っています。残った油は次の調理で焦げた膜となり、 次第に焦げ付きやすくなります。ヌルヌルしなくなるまで、柔らかいスポンジで丁寧に洗って下さい。」 このしっかり良く洗うという、当たり前のお手入れが大変重要です。

そして、焦げ付いた時には、金属タワシや強力なナイロンたわしで磨いてはなりません。 こちらは、説明書に以下の記載があります。 「洗う前にまず鍋に水をはり、数分間沸騰させてから火を止めます。 しばらく放置して温度が下がったら湯を捨て、ナイロンたわし(フッ素樹脂加工面対応の研磨剤つき)で しっかりこすって下さい。水に少量の洗剤(または重曹)を混ぜてから沸騰させると、より効果的です。」 なお、ナイロンたわし(フッ素樹脂加工面対応の研磨剤つき)は、 例えば、住友スリーエムの樹脂製の研磨粒子を含んでいるタワシとなります。

外側側面がブラックボディとなり、汚れの溜まる箇所もなく、お手入れがしやすくなっています。

このお手入れを守っていただけば、末永く快適にご利用いただけます。 ただ、耐久性のみから比較すれば、鉄製フライパンの方が優っているとは言えますが、 フッ素樹脂加工ですと、何より汚れをサッと落とすことが魅力です。 お手入れが楽になるのが特徴です。しかも、フライパンとしては珍しく、食器洗浄機に対応すると表示されています。

また、フライパンの実力を評価すると、底厚が5.0oもあり厚手タイプ、しかも多層構造で内部にアルミを挟んでいますので、 熱伝導性と蓄熱性の両面に優れた実力あるフライパンとなります。 側面にも熱が通りやすい構造にもなっています。 そして、ハンドルは着脱ができますので、オーブンなどで調理することもできます。 パエリアをはじめ、そのまま食卓に出すことも可能です。浅いので洒落たお皿代わりにもなるのです。

ブラックのハンドルとともに。

ホワイトのハンドルとともに。

レッドのハンドルとともに。

ハンドルが外せるので、お手入れもしやすくなるでしょう。 収納面では入れ子にすることができ、ハンドルがない点では収納場所もとりません。 このハンドルを着脱できるのが、クリステルの大きな特徴とも言えるでしょう。 ハンドルグリップもカラーはいろいろありますので、 カラーを変えることで、お料理にのぞむ気分も変えられるでしょう。

そして、何と言っても、その佇まいと言いますか、この道具がキッチンにあるだけで キッチンの空気を変えてくれるほどの存在感を秘めているように感じます。 それが、お料理を楽しくしてくれる要素ともなりえるでしょう。 キッチン道具に求められるのは、もちろん美味しくなる実用上のものではありますが、 それに加えてインテリアの要素も今の時代は求めてられているのだと思います。 あなたのキッチンに、クリステルブランドのフライパンはいかがでしょうか。