料理道具専門店 フライパン倶楽部

since 1970 FR CAMPANY
Instagram ご相談窓口
ホーム 会社案内 ご利用手引き 取扱ブランド カートを見る

料理道具専門店 フライパン倶楽部

MENU
0532-55-8278 10:00〜18:00 水・日・祝日定休 お問い合わせ Instagram 利用手引 ブランド カートを見る
ご相談窓口 info@furaipan.com 10:00-18:30 水・日・祝日定休
ユーザーの声
→投稿する
朝のスタッフ会議
月間ベスト30
フライパン
フライパン
炒め鍋・中華鍋
たまご焼き器
天ぷら鍋
おなべ
ごはん鍋
ステンレス鍋
ホーロー鍋
アルミ鍋
いろいろ鍋
圧力鍋
IH(電磁調理器)対応一覧
包丁・まな板
ボウル・バット
ケトル
キッチン小物
キッチンツール
便利小物
計量道具
調理家電
卓上用品
箸・カトラリー
ポット・急須
調味料入れ
トレー・クロスマット
グラス・マグカップ
食器
木製品
保存容器・弁当箱
保存容器
弁当箱
布製品
タオル・布巾
エプロン
トートバッグ・ポーチ
リネンアイテム
掃除道具
たわし・スポンジ・ブラシ
布巾・食器拭き
シンクまわり掃除用品
ゴミ箱・ランドリー・インテリア家具
食品
入荷&欠品情報
セール品
おすすめギフト
オリジナル企画
個人情報取扱
特定商取引法表示
TAKATSU furaipan.com

朝のスタッフ会議

2018年1月20日

阪神大震災とクックパルの想い出

23年目を迎えた阪神大震災の追悼の集りが豊橋駅前でありました。 高校生たちが、夕闇の中でろうそくを灯して、「絆」の文字が浮かんでいました。 発生時刻から12時間後の17時46分に黙祷をささげました。 追悼を通じて思い出したのが、 クックパルのお鍋を製造されていた 吉川正芳さん通称ミスターの生き様でした。

震災が起こった当時、ミスターは、すぐに購入者名簿を調べて、被災地の方に鍋を無償で送りました。 その数は150。御礼の手紙が届き、私もその手紙を見せて頂きました。 その後ミスターは、お亡くなりなり、残念ながら、復活したクックパルのお鍋も再度、 廃止商品となってしまいました。

改めて今日、物を作ること、物を売ることをミスターが教えてくれているように思いました。 日本の物作り、日本の小売りはどこに向っているのか。 グローバル化や情報化の波に翻弄されて、目的地を見失っていないだろうか。 通信販売も手がける当社としては、常に原点に返って参りたいものです。

当時、ミスターは売場を訪ね、時には売場に立ち、電話や葉書を通じてユーザーとの交流をはかっていました。 その中で、クックパルチームのような関係者の絆も生まれました。 私の書いた日記がきっかけで、その関係者が集り、日本橋高島屋前にある「ざくろ」というお店で席をもったことも懐かしいです。

また、ミスターが、私の日記の写しをあるユーザーの方にも送られて、 それがきっかけで、当社の顧客となって下さった方がいます。 それ以来、折あるごとにお買物をいただいて、今月もお電話を頂き、ミスターのことを偲びました。 こんな交流を残してくれたのも、ミスターだったのだと分かって参ります。

私もまた、ミスターのように、一人一人のお客様と直接語り、全国を駆け回りたいと思います。 そこにできる絆、信頼こそ、商売の目的そのものでもあるでしょう。 いつしか、そのことを忘れて、商品だけを動かしていることに明け暮れてしまっていないか。 自戒して参りたいですし、原点に立ち返って行きたいです。

23年目の追悼の集りでは、不思議な体験をいたしました。 その日は猛烈な雨が降っていましたが、始まる前には、雨が一時的に止んで風もなく、 ろうそくの火は消えることはありませんでした。 そして、鎮魂の太鼓と笛の音が響いた後に解散すると、また雨が降り始めたのです。

天は見ているのだと思い、ミスターも、私の商売を見てくれているように感じました。 ありし日のミスターを思い出しながら、それを手がかりとして参りたいです。 丁寧に作るメーカーと手を携えて、丁寧に販売して行く。 その中で新たな絆を作り深める。それがフライパン倶楽部の真骨頂です。