左メニュー

料理道具専門店 フライパン倶楽部 Since1998 Faith&Responsibility Company

ホーム 会社案内 ご利用手引き カートを見る Instagram

ご相談窓口 info@furaipan.com 10:00-18:30 水・日・祝日定休
ユーザーの声
→投稿する
朝のスタッフ会議
月間ベスト30
オリジナル企画

カテゴリー

フライパン
おなべ
包丁・まな板
ボウル・バット
ケトル
キッチン小物
調理家電
卓上用品
食器
木製品
保存容器・弁当箱
布製品
掃除道具
食品
入荷&欠品情報
セール品
おすすめギフト
ブランド一覧
個人情報取扱
特定商取引法表示
TAKATSU furaipan.com
朝のスタッフ会議
2015年8月6日

フルーツカトラリー

懐かしの苺スプーンを見直す♪

いちごスプーンと言えば、昭和の食卓を思い出す方も多いと思います。 若い世代の方が見ると「これは何?」と思われるかもしれませんが、 昔は「苺+牛乳+お砂糖」を、苺スプーンで潰して苺ジュースにして食べるということが多く、多くのご家庭にあったのが苺スプーン。もちろん、我が家にもありました。

苺のためだけのスプーンだなんて、今思うととても贅沢!道具は兼用できるのが一番という昨今ですが、わざわざ専用の道具が普通にあった時代の暮らしは、実は中身が豊かだったのかもしれないと思いました。今の苺は甘くて美味しいので、イチゴスプーンの出番が減りましたが、でも味の記憶は濃厚で、やっぱり最後はイチゴジュースに!うちの子供達もこの食べ方が大好き!記憶に残る味と道具、イチゴスプーンでいつもの暮らしがちょっと潤うかもしれません★ 「朝のスタッフ会議」での抜粋です。ご興味のある方はこちらから全文をご覧いただけます。

この季節、果物を摂取することを心がけると良いでしょう。 そこで、「毎日くだもの200グラム運動」 も展開されています。こちらのデーター 1人1日当たり果物の消費量によると、 オランダ444g、オーストリア400g、イタリア386gに対して、日本は140gとなっています。 日本の果物摂取量が少ないのは、食生活の乱れから来るものかもしれません。 このデーターを反省する機会としていただき、意識的に果物を摂取してみると良いでしょう。 特に、この暑い時期には、水分と合わせて、ビタミン・ミネラルなど、不足しがちな栄養をとることができます。 そこで、昔ながらのフルーツカトラリーをご紹介いたします。

まず、メロンスプーンです。果肉を皮から取り出す時に、柄が長いと取り出しやすくなります。 しかも、スプーンの先が割れているので、それがフォーク代わりとなり、そのまま刺して食べることができます。 こちらは、スカイでも良いでしょう。 次に、グレープフルーツスプーンです。グレープフルーツを輪切りにして、房から果肉を取り出します。 この時、スプーンの縁にギザがあると、房に入りやすく取り出しやすくなります。 最後に、イチゴスプーンです。こちらは、牛乳の中にイチゴを入れて、つぶす時に使います。 イチゴの果汁を出して、イチゴミルクとしていただきます。

このカトラリーがよく使われていた時代は、果物を楽しんでいたのでしょう。 改めて、道具から果物を見直してみてはいかがでしょうか。 これらは、どれも、日本製の確かな品質である ラッキーウッドロマンスシリーズとなります。 この季節、果物を摂取することを心がけてみて下さい。


下から、ラッキーウッドロマンスのメロンスプーン、その上が同シリーズのグレープフルーツスプーン、 その上が同じシリーズのイチゴスプーンです。

商品名 注文番号 仕様 税抜き価格
ラッキーウッド
ロマンス
メロンスプーン
409-007 全長:19cm ¥860
ラッキーウッド
ロマンス
グレープフルーツスプーン
409-008 全長:16cm ¥790
ラッキーウッド
ロマンス
イチゴスプーン
409-009 全長:15.5cm ¥730

お料理上手は幸せ上手
運営管理 エフアールカンパニー株式会社
〒440-0881 愛知県豊橋市広小路3丁目54番地1 TEL 0532-55-8278
電話受付時間 10:00〜18:00(水・日・祝日定休)

Copyright 1998-2016 ©Faith&Responsibility Company All rights reserved.