左メニュー

料理道具専門店 フライパン倶楽部 Since1998 Faith&Responsibility Company

ホーム 会社案内 ご利用手引き お問合せ カートを見る
朝のスタッフ会議
2010年7月27日

ビンの蓋を開ける道具

イチゴのジャムをたくさん作られる方が、ビンの蓋を開けるのに困ってるとのご相談をいただきました。 当社実店舗では、3つのものを販売しています。 今回それらを比較してみました。 そこで、冷蔵庫に入っていた以下の4つのビンを取り出して、実際に開けてみました。 手動でまわして開ける蓋です。 まず、おにぎり型のシリコーングリップです。 こちらを被せてまわします。至ってシンプルです。 滑り止めの効果で、割と手軽に蓋を開けることができました。 ただ、蓋が取れにくいものは、他のものと比べて力が必要となります。 他の用途に使えるメリットはありますが、ビンオープナー使いとなると他の2つと比べて 力を必要としてやや劣る印象です。


画像クリックで拡大されます。

チリスのストロングボーイですが、ナイロン製の紐をビン円周上に置き、動かない状態にしてまわします。 ハンドルをまわす事によって、円を描く紐が広がったり縮んだりします。 ビンと同じ円を描いたら、もう少しハンドルをまわしこんでロックさせます。 この時、やや力が必要です。小さなお子さんだと、ここまでが、やりづらいかもしれません。 そして、その状態でまわせば、手軽に蓋が開きます。 紐の出し入れを必要とするので、故障する事があるかもしれません。 内部に汚れが入り込んでも分解はできません。 しかし、場所をとらないのは魅力でしょうか。 4つどれも手軽に開けることはできました。 開けられる蓋の直径は2.5cmから11cmまでです。



画像クリックで拡大されます。

そして、オクソのビンオープナー。はめ込んでまわすだけなので、チリスよりシンプルです。 扇形になった部分に蓋を入れ込んで行きます。しだいしだいに狭くなっていく構造。 そして、挟まったところで、ガッチリはまり動かなくなります。 その状態でまわすと蓋を開けることができます。 グリップも握りやすく滑りにくくなっています。 3つの中では、誰でも簡単に開けられる印象でした。 オクソらしいユニバーサルデザインを感じることができました。 故障の心配もなく、お手入れ簡単なところも魅力です。 道具として相応しい特徴を兼ね備えています。 構造がシンプルなので、価格も程よいと思われます。 4つどれも手軽に開けることはできました。 開けられる蓋の直径は2.5cmから10cmまでです。ほぼチリスと同じです。 誰がこのような道具を必要としているのか。力のある人には不用でしょう。 この道具こそユニバーサルデザインが求められています。


画像クリックで拡大されます
注文番号 商品名 仕様 税抜き価格
708-055 チリス
ストロングボーイ2
長さ20p 幅5p

¥3,300

708-056 オクソ
ビンオープナー
長さ23cm 幅12cm

¥1,000

お料理上手は幸せ上手
運営管理 エフアールカンパニー株式会社
〒440-0881 愛知県豊橋市広小路3丁目54番地1 TEL 0532-55-8278
電話受付時間 10:00〜18:00(水・日・祝日定休)

Copyright 1998-2016 ©Faith&Responsibility Company All rights reserved.