左メニュー

料理道具専門店 フライパン倶楽部 Since1998 Faith&Responsibility Company

ホーム 会社案内 ご利用手引き カートを見る Instagram

ご相談窓口 info@furaipan.com 10:00-18:30 水・日・祝日定休
ユーザーの声
→投稿する
朝のスタッフ会議
月間ベスト30
オリジナル企画

カテゴリー

フライパン
おなべ
包丁・まな板
ボウル・バット
ケトル
キッチン小物
調理家電
卓上用品
食器
木製品
保存容器・弁当箱
布製品
掃除道具
食品
入荷&欠品情報
セール品
おすすめギフト
ブランド一覧
個人情報取扱
特定商取引法表示
TAKATSU furaipan.com
朝のスタッフ会議
2010年1月19日

シリコーンの洗い桶を考える

最近業界では、シリコーンばやりの様相です。 シリコーンは、耐熱性はもちろんのこと、カラフルで華やかになるのが魅力かもしれません。 店が明るくなるという要素にひかれて、店頭に並べてしまう傾向にもあります。 ルクルーゼもそのひとつだったかもしれません。しかし、外観のみに流されず、 使い心地なども、しっかりと把握しておく必要もあるでしょう。 その点をおさえて、何でもシリコーンではなく、用途に合わせてチョイスするのが賢明だと思います。


画像クリックで拡大されます。

そこで、昨年から折り畳みできるシリコーンの洗い桶をしばらく使ってみました。 洗い桶は、やはりすぐに汚れが付いてきます。 ところが、シリコーンに汚れが付くと、なかなかとれないのです。 表面がつるつるの素材の方が、汚れは落としやすいのでしょう。 シリコーンは、ゴムのような表面で、滑り止めのような感じ。思ったように汚れがとれないのです。 使わない時は、折り畳めるのも良いのですが、折り目部分があると、そこに汚れが付きやすいのです。 また、縁の上にお鍋を一時的に置く機会があるものですが、縁に置くと自然と畳まれてしまう。 すると水が流れてしまいます。この点は、慣れの問題かもしれません。 やはり、洗い桶は、従来のものの方が使いやすいと個人的には思いました。 かといって、その華やかさ、その収納性などは魅力でしょう。

すると、従来からの洗い桶の良さも見えてきます。 フライパン倶楽部の定番は、こちらのステンレスD型洗い桶。 ロングセラーの商品で、実店舗でも扱いは、かなり長いです。 この形だから、半円形の直径部分を手前に置くと、無駄なスペースがなくシンク内に収まりが良い。 また、直径部分を下にして、立てることができる。 そのままぺちゃんと置いておくと、底面にぬめりが溜まるものです。 そこで、使わない時は、立てれるのは衛生的です。 そして、ある程度の厚みがあるので、お皿などが触れても音がたちません。 これが薄手のものだと、軽くて良いのですが、金属音がします。 また、しっかりした作りであっても、重い感じにも至りません。縁も持ちやすいです。


画像クリックで拡大されます。

さて、実店舗で最近人気のあるのが、上写真の小判型タイプです。 場所をとらない。シンク内には、縦にも横にも置けます。野菜も洗いやすい。 もちろん、側面を下にして立てることもできます。 小さめかなとも思うのですが、手際良く使用されているのでしょう。 シンク内の空間が広くなりますので、狭いシンクですと洗いやすくなる。 足付きで、底面に高さをだしていますので、密着することなく少し浮いています。 水の通りをせき止めることはありません。細菌なども発生しにくいかもしれません。 このあたりも職人気質のこだわりが見られます。 以前ご紹介したローズ柄ストレーナーなどを作る新潟燕市のスリースノーさんの商品です。 あのストレーナーも丈夫な逸品です。


画像クリックで拡大されます。

本日スリースノーさんに電話をかけると、 新たなことを教えていただきました。洗い桶は、そのまま漬け置きしている方が多く、 しかもアルカリ性の強い漂白剤などを使う方がいるため、18-8ステンレスとは言え 錆びを生じることがあるそうです。そこで、電解研磨という処理を施して、 より錆びにくくしているそうです。そのため外観がやや白みを帯びた感じとなっています。 かれこれ、この洗い桶は20年の歴史があるとのことでした。 ただ、軽くて扱いやすいのは良いのですが、薄いので衝撃があると音がします。 個人的には、もう少し厚いと良いかなという印象はあります。

注文番号 商品名 サイズ 税抜き価格
708-001 スリースノー
ステンレス洗い桶小判型
(足付き)
材質:18-8ステンレス
  外寸:37.5×26×高さ13.5cm
  容量:6L 重量:700g 板厚:0.5mm
¥3,200


画像クリックで拡大されます。

そこで、作りの点では、昔からあるステンレスの洗い桶もおすすめです。オーソドックスな丸型です。 こちらも、マルタマさんという新潟燕市の職人肌のメーカーの商品です。 非常に丁寧な物づくりをされます。先日ご紹介したマルタマさんのターナーも最近よく売れています。 やはり、少々厚みがあり、しっかりとした作りです。かといって重すぎす、安定感のある絶妙な重さ。 長年販売してきた知恵が集積されているようです。 底面には滑り止めのゴムが付いています。ただ、このゴムも良し悪しがあり、 ゴムの周囲に汚れが溜まり嫌われる方もいます。そこで、ゴムなしもあります。 縁も持ちやすいです。ペラペラの安い商品とは一線を画す、日本製の洗い桶です。

注文番号 商品名 サイズ 税抜き価格
708-002 マルタマ
ステンレス洗い桶
(ゴム付)
材質:18-8ステンレス
  外径:33cm 内径:30cm 高さ12cm
  満水容量:7L 重量:890g 底厚:0.7mm
¥4,000
販売終了しました。
708-003 マルタマ
ステンレス洗い桶
(ゴム無し)
材質:18-8ステンレス
  外径:33cm 内径:30cm 高さ12cm
  満水容量:7L 重量:840g 底厚:0.7mm
¥3,400
販売終了しました。


画像クリックで拡大されます。

もうひとつ、少々高額とはなりますが、アイザワさんの銅の洗い桶です。 形や厚みは、マルタマさんのものと良く似ています。しっかりとした作りです。 こちらの流し台バスケットと同じで、ぬめりなどがつきにくく、 より衛生的な銅素材というのがポイントです。いわゆる、銅イオンの働きです。 その効果でシンク周りも、より衛生的に保てそうです。 ホーローの洗い桶もインパクトがありますが、 こちらの赤い外観も、シンク周りを衛生的に見せてくれそうです。贅沢な商品かもしれませんが、毎日のお手入れが楽しくなる要素を秘めているでしょう。 もちろん、メードインジャパンです。

注文番号 商品名 サイズ 税込価格
708-004 工房アイザワ
銅洗い桶
外径:33cm 内径:30cm 高さ12cm
  満水容量:約7L 重量:1300g 底厚:1.0mm
¥14,000

お料理上手は幸せ上手
運営管理 エフアールカンパニー株式会社
〒440-0881 愛知県豊橋市広小路3丁目54番地1 TEL 0532-55-8278
電話受付時間 10:00〜18:00(水・日・祝日定休)

Copyright 1998-2016 ©Faith&Responsibility Company All rights reserved.